スポンサーリンク
保険

病気やケガに備える保険 三大疾病や短期入院など保障内容も多様化 1/2

医療保険は長期治療で高額になる可能性ある、三大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞)を手厚くサポートする商品が増えています。平均的な入院期間は多くが4泊(4日)~10泊(10日)以内の退院です。この短期入院のコストをカバーするために保険が必要かは疑問です。
保険

トンチン保険で支払った保険料以上の年金? 長生きするほど得になる?

トンチン保険で得するにはかなりの長生きが必要です。トンチン保険の特徴は老後資金の準備、死亡時や中途解約は元本割れ、90才まで長生きすると得、ということになります。保険料を支払い始める契約年齢は50才以降。
保険

認知症保険で多様化するリスクに合わせ、長生きに備える

認知症保険にはメットライフ生命の終身医療保険フレキシィ、太陽生命のひまわり認知症予防保険、朝日生命のあんしん介護などがあります。認知症には機能性と器質性があります。認知症保険の対象になるのは器質性です。
保険

就業不能保険と所得補償保険で働けない死ねないリスクに備える

収入保障保険は死亡保険の一種。就業不能保険は単体で加入するタイプと収入保障保険の特約で加入するタイプがあります。両者の違いは保険料です。払込総額は単体で別々に就業不能保険と死亡保険に加入するより収入保障保険の特約で加入した方が安くなるケースが多い。
保険

保険を見直す3つの新常識_保険の見直しのチャンス.保険料金は今が最安値

今は良い保険に見直すチャンスです。2018年4月に標準生命表の改定で死亡保険の保険料が大幅な値下がり、万能型の保険やユニークな新保険が販売されています。保険の見直しをする際、まずはネットを活用しましょう。今は掛け捨て保険が主流です。
南海トラフ地震に備える

災害対策マニュアル ライフラインのガスについて

水道や電気に比べるとガスは火災・爆発や中毒の不安がありますがマイコンメーターがあるので比較的安全です。地震での停電でテレビやパソコンが消えると情報が遮断されます。被災の不安の中で最も心を痛めるのは近親者の消息です。災害時伝言板を活用しましょう。
南海トラフ地震に備える

災害対策マニュアル ライフラインの復旧に備えて

災害の準備は非常用品を備えることが必要です。中でも重要な物は、水、簡易トイレ、ラジオ、懐中電灯、ビニール袋、ラップ、乾電池、カセットコンロ、常備薬です。震災時に電気が復旧しても漏電火災が起きる可能性もあります。漏電の確認をしながら通電を再開させます。
南海トラフ地震に備える

災害対策マニュアル 地震はいつ発生するかわかりません

いざ地震が来たら、冷静に判断する、自分の命を守る、揺れが収まってから行動、火元の確認、避難口を確保する。火を付けない、電源スイッチをいれない、ブレーカーを落とす、電話をかけない、エレベーターを使わない。自動車を使わない、靴を脱がない、1人で行動しない。
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 免震(めんしん)は建物ではなく、地盤の対策

免震を実現するには建物をのせる基盤の下にさらに基礎をつくる必要があります。建物を基盤は一体であり基礎は地盤と一体です。フローティングの基礎とは名の通り建物を軟弱地盤の土の上に浮かべるということです。
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 免震(めんしん)構造は建物は壊れないのか?

建物に地震動を伝えない免震にするには以下の3つの方法があります。1.弾力のあるゴムを使用する。2.ローラーで転がるようにする。3.摩擦を減らして滑らせる。どの方法でも揺れを減衰させるための制振ダンパーは必要です。