アサヒグループホールディングスの株主優待詰合わせ届く。100株と2000株の違い

スポンサーリンク

アサヒグループホールディングス(2502)の株、100株と2000株の優待品を比べてみた

4月にアサヒビールから株主優待詰合わせが届きました。

あらかじめ、アサヒからハガキが来まして、株主限定の特製ビールやアサヒフードから選択します。欲しいものをチェックして返信します。

以上が、100株を購入した時の株主優待の詰合わせ。↑

以上が、2,000株を購入した時の株主優待の詰合わせ。 icon-arrow-up

で、比べた写真。上が2,000株、下が100株を購入して届いた株主優待詰合わせです。 icon-arrow-up

数が全然違いますね。

そりゃぁ、そうだろう、ですよね。

最初に2,000株を購入した分のビールが届きました。まあ、豪華な詰合わせだったものですから、100株分の優待も期待したのですが、2週間後、4缶だけ入ったのが届きました。4缶だけですが、ラベルがカッコいいので、ヨシとしました、偉そうに。なかなかいいじゃんと、ガッカリがない交ぜに。

100株で1,000円相当、500株で2,000円相当、1,000株以上で3,000円相当、ってな具合でしょう。

でも、やっぱ限定品はうまい! もう全部飲んじゃいましたけど。

アサヒグループホールディングスの株は100株から買えます

2017年7月~2018年7月までの株価のチャートです。 icon-arrow-down

2018年に入って、株価が安定しているんだか、踊っているんだか、わかりませんね。ご覧の通りチャートがグチャグチャです。一時6,000円を突破したのですが、今は(2018.07.20)5,600円くらいに下がっています。この夏、上昇を期待しているのですが……。

でも、最近の若い人はビールあまり飲まないからなぁ……。お酒を一滴も飲まない人も多いし。

そう、ちょっと前に旅行に行きました。

夜はバイキング形式の夕食で、ビール、酎ハイ、日本酒、ウィスキー飲み放題の。そう、あの有名な安いホテルっす。

そこに、25才程度の若い男子4人組がきていました。全員、なかなかの体格の男子でしたので、わたしは、こりゃぁ宴会が始まるな、と思っていたのですが……。

4人はおとなしく、お食事だけをして、帰って行きました。最後にコーヒーとヨーグルトとフルーツをお召し上がりになすって、一滴もアルコールを飲まずに。このホテルチェーンは安い割りには、生ビールだけは抜群にうまいのに、です。

わたしは彼らを横目で見ながら、浴びるほどビールを飲みました。ビールだけで、元は確実にとりました。でも、周りを見ると、あんまり飲んでないんですよね。

でも、爺さん婆さんのグループは盛り上がっていましたよ。そこの爺さんや婆さん、わたしが何回もビールを注ぎに行くので、顔見知りになりました。笑顔でお辞儀なんかしたりして。一言二言話しちゃったりして。しまいには、婆さんの生ビールを注いでやったりしちゃって。すっげー、礼を言われちゃったりして、わたしは顔を真っ赤にして照れちゃったりして。アルコールで赤いんですけど。

わたしはビール業界に貢献しまくりです! 爺さん婆さんもビールいっぱい飲んでます!

アサヒグループホールディングスの株は確実に上昇している

2010年~2018年の株価のチャートです。 icon-arrow-down

まあ、どの銘柄も、長い目で見れば、大抵は右肩上がりなんですけどね。

これを見ると、2,000円の時に2,000株(400万円)買っておけば、6年後には6,000円(1,200万円)になっていたわけです。800万円の儲けということです。

ね、今からでも遅くはありませんよ。10年後は1万円突破なんてこともありますからね。 ←取らぬ狸の皮算用

今、アサヒグループホールディングスの株を、5,600円で100株(56万円)買っておけば、10年後には、1万円(100株で100万円)になり、44万円の儲けとなります。銀行の金利よりはお得でしょう?

2,000株でしたら、880万円の儲け! ←取らぬ狸の皮算用

でも、人はだれでも、皮算用から入るでしょう? え、わたしだけ?

アサヒグループホールディングスは優良企業

ビール関係では国内シェアはトップです。発売30周年を迎えたアサヒスーパードライは、今もよく売れています。

主力であるビール以外の飲料や食品、国際事業も堅調に推移していますよ。6期連続で最高益を更新中。第3のビールが好調らしいです。税金上げないでください。

(アサヒのウェブサイトから抜粋)

2018年12月期の連結業績予想では、2.14兆円なり。

だったら、配当金もっと上がって欲しいスけどね。