ビットコイン

スポンサーリンク
ビットコイン

ブロックチェーンの技術をクローズドな環境で活用しようという動きがある

ハッシュチェーンとは計算を繰り返してハッシュ値をつなげる技術のことです。プルーフ・オブ・ワークは、取引チェックを協力した人に報酬を与えます。マルチシグ取引とは、コインが勝手に送金されないしくみです。クローズドの環境で使用するプライベートブロックチェーンとい技術があります。
ビットコイン

ビットコインでは「共通鍵」という1つのカギを用いて「公開鍵暗号方式」が採用されている

中央集権型システムは安定して多くの取引を処理するにはコストがかさみます。ビットコインの分散台帳システムはコンピュータが一部ダウンしても取引においてなんら影響はありません。バックアップも他のコンピュータに同じデータが格納されていますので不要となります。また、特定ユーザーを信頼する必要がないのです。
ビットコイン

ビットコインはどうやって使うのでしょう?買い物や送金、税金は? 寄付も?

ビットコインの価格は取引所によって異なる。ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、メガネスーパー、DMM.com、イーベイなどでビットコインを使える。 フィッシング詐欺に注意、復元パスフレーズは忘れずに。ビットコインを売った利益が年20万円以上ある場合、確定申告が必要。
ビットコイン

ビットコインはどうやって管理する? 購入方法は? 売却方法は?

ビットコインは「取引所」か「販売所」で購入します。「取引所」とは、個人同士で売り買いする場、「販売所」とは個人は企業から売り買いする場です。主な取引所には、Zaif(ザイフ)、GMOコイン、DMM Bitcoin、bitbank(ビットバンク)などがあります。
ビットコイン

ビットコインのリスクについて

仮想通貨に関する法律が制定されたのは、世界中で日本が初めてです。2017年4月1日、仮想通貨法(改正資金決済法)が施行されました。仮想通貨が金融業法に組み込まれました。ようやく品物から貨幣扱いされるようになったのです。
2018.09.19
ビットコイン

ビットコインはどこから生まれてくるのだろうか? 新規発行されるしくみは?

マイナーは誰でもなれて、条件はなし。新規発行されたビットコインはこのマイナーに発行される。マイナーとはビットコインのネットワークのうちブロックチェーンの維持に参加している人のこと。これらの取引が適正であるかを判断してネットワークに承認する作業を行いビットコインが与えられる。
2018.09.19
ビットコイン

ビットコインはゴールド(金)のようなもの

ビットコインは発行上限が決まっている ゴールド(金)やプラチナは発掘される総量が少ないから価値があります。 ビットコインも発行上限が決まっています。 2,100万BTCで、ストップします。 1BTC=約82万円(20...
2018.09.19
ビットコイン

仮想通貨(ビットコイン)の最大の特徴は管理者がいないということ

ビットコインの最大の特徴は、管理者がいない、ということです。世界各国の政府や中央銀行、金融機関も関与していません。ブロックチェーンのすごいところは、サーバーなどの管理者を経由せずに、個人から個人へ、インターネット上で価値を送ることにあります。
2018.09.19