南海トラフ地震

スポンサーリンク
南海トラフ地震に備える

災害対策マニュアル ライフラインのガスについて

地震対策 ガスについての情報 水道や電気に比べると、ガスは、火災・爆発や中毒の不安があります。 しかし、じつは、比較的安全が確保されています。 安全の根幹になっているのは、ガスメーター(マイコンメーター)です。 昭和50年代から普及...
南海トラフ地震に備える

災害対策マニュアル ライフラインの復旧に備えて

地震対策 災害の準備 大きな地震が起こると、たとえ家が倒壊しなくても、被害は発生します。 タンスが倒れてきたり、照明や棚の上の物などが、落ちてきたり、置いてあったテレビや、テーブルが動き回って、人を傷つけたりします。 実際の地震による...
南海トラフ地震に備える

災害対策マニュアル 地震はいつ発生するかわかりません

毎年のように、大きな災害のニュースが報道されます。 いつ我が身に直接ふりかかるかわかりません。 家にいる時の災害と、その後の対策をまとめました。 地震対策 いざ地震が来たら最初にやるべきこと 地震や火山の噴火、集中豪雨、河川の氾濫な...
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 免震(めんしん)は建物ではなく、地盤の対策

地震対策 建物を支えているのは地盤 免震を実現するには、建物をのせる基盤の下に、さらに基礎をつくる必要があります。 建物と基盤は一体であり、基礎は地盤と一体です。 ただし、免震対策をしても、建物には、耐震性は必要です。 基礎と建物を...
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 免震(めんしん)構造は建物は壊れないのか?

地震対策 免震構造にはどんな方法がある? 建物に地震動を伝えない免震にするには、3つの方法があります。 弾力のあるゴムを使用する。 ローラーで転がるようにする。 摩擦を減らして滑らせる。 どの方法でも、揺れを減衰させ...
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 免震(めんしん)地震動から逃げる

地震が発生しても、起きなかったことにすることは、不可能ですが、大地震を、普通の地震にすることは、不可能ではありません。 考え方を変えれば、安くでき、先人たちの知恵の中から、わかってきたことです。 免震・減震とはどんなものでしょう? 地...
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 オイルダンパーを使う

地震対策 オイルや取り付けについて ウィンダンパーの開発については、これまで、多くの試行錯誤が繰り返されてきました。 バイリニア方式がない時代から、適正なサイズの検証や、実際に大工さんが扱いやすいかなど、現代の形まで進化してきました。 ...
土砂災害・洪水被害・その他

洪水被害の対策(兵庫県西部、作用川の堤防の決壊)

洪水被害を起こした佐用川(さよ)の特徴と雨量、河川の水位 佐用川は、底の浅い、お皿のような形をしています。 そのため、短い時間で大量の雨が降った場合、流量を流下できず、もともと氾濫しやすい河川なのです。 佐用では、台風9号(2009年...
2019.07.16
土砂災害・洪水被害・その他

洪水被害の対策(茨城県鬼怒川の堤防の決壊)

茨城県鬼怒川の洪水被害と堤防の決壊(土でできている堤防は越水で簡単に決壊) 2015年9月に、茨城県鬼怒川の河川堤防が、決壊(破堤)して、大きな被害が出ました。 基本的に河川堤防は、維持管理が行いやすい、土盛りでできています。 ...
土砂災害・洪水被害・その他

土砂災害 伊豆大島土砂災害と紀伊半島豪雨

伊豆大島土砂災害の概要 - 火山灰の災害 2013年の台風26号は、伊豆大島の元町地区周辺を襲いました。 24時間雨量、824ミリの豪雨により、火山灰でできた山腹が崩壊し、土石流が発生しました。 死者39人、行方不明者4人、全...