土砂災害・洪水被害・その他

スポンサーリンク
土砂災害・洪水被害・その他

洪水被害の対策(兵庫県西部、作用川の堤防の決壊)

佐用川は底の浅いお皿のような形をしています。そのため短い時間で大量の雨が降った場合、流量を流下できず氾濫しやすい河川です。佐用では台風9号(2009年8月9日)での豪雨で1時間雨量82ミリ、3時間雨量179ミリ、24時間雨量327ミリでした。
2019.07.16
土砂災害・洪水被害・その他

洪水被害の対策(茨城県鬼怒川の堤防の決壊)

2015年9月、茨城県鬼怒川の河川堤防が決壊して大きな被害が出ました。決壊要因のひとつとして水海道付近に河道狭窄部があり、その急速な水位上昇があります。決壊付近の堤体盛土の下は軟弱な沖積砂層からなり不安定な地質のため、堤体では浸透破壊が生じた可能性があります。
土砂災害・洪水被害・その他

土砂災害 伊豆大島土砂災害と紀伊半島豪雨

火山灰土からなる地域は大量の雨で崩れやすく被害が発生しやすいのです。透水層である火山灰は水を通し不透水層の溶岩は水を通しません。きめの細かい火山灰は雨水が地中に浸透しにくく上を流れていく雨水に取り込まれていきます。その土石流が広範囲に遠くまで高速で流れていき被害が拡大します。
土砂災害・洪水被害・その他

土砂災害 – マサ土地の災害 広島

2017年8月に発生した広島の土砂災害は、土砂崩れが59件、土石流が107件の被害ありました。花崗岩やもろいマサ土でできています。かつ危険な土砂災害警戒区域の谷出口付近に住宅が建っていました。山地を構成する花崗岩岩盤と崩れた土砂の混合物が豪雨により土石流となり一気に谷に流れました。
土砂災害・洪水被害・その他

土砂災害が多発? 兵庫県六甲山周辺、近畿の山も同じ運命?

六甲山は急な崖が多く登山するには大変ですが、登った先にはゴルフ場や別荘地があります。頂上付近は平坦なのです。近畿地方は、東西圧縮が長期間働き、近畿中央部の基盤である岩盤が、圧縮された結果、うねり、変形し、波状の基盤褶曲(きばんしゅうきょく)となります。
土砂災害・洪水被害・その他

土砂災害警戒区域 神戸市にて、マサ土が厚いところで斜面崩壊が多発?

神戸市の六甲山地で斜面崩壊の分布を確認すると、土砂災害が多発しているところは摩耶山から西部です。摩耶山から西部の六甲山地に花崗岩の風化があるからです。斜面が崩れやすくなるのは斜面の傾斜が30度以上。40~49度が最も崩れやすい傾斜です。
土砂災害・洪水被害・その他

土砂災害警戒区域とは? 土砂災害はどのようにして発生するのか?

斜面崩落が一番多くそれが引き金となり崩れた土砂が勢いよく傾斜や谷を下り土石流となります。河川に堆積した土砂が大雨により一気に動かされ、土石流となる場合もあります。川をせき止めた堆積物が決壊して、土石流となることもあります。河川合流点付近、山麓部の渓流の出口付近で土石流の被害が大きくなります。
土砂災害・洪水被害・その他

兵庫県山崎断層帯地震と被害想定 – 播磨で甚大被害

兵庫県山崎断層全体が同時に動いた場合、マグニチュード8.0の地震が生じ、震度5以上の揺れが県内の29市9町で生じます。姫路市を中心に、石油コンビナート9基や、毒物劇薬の施設、高圧ガス施設のおよそ5割が被災し、油や有毒ガスが、漏洩する可能性があり、地震火災の恐れが、極めて高くなります。
土砂災害・洪水被害・その他

断層と地震の関係 – 大阪湾断層と被害想定 大阪湾沿岸部が壊滅

1999年、神戸市の発表によると、大阪湾断層が動いた場合およそ5分後に大阪湾に津波が押し寄せます。特に神戸市は4.5メートルを超える大きな津波に襲われます。大阪湾断層帯が動けば2~3メートルの横ずれが起こると推定されます。阪神淡路大震災を超えるエネルギーの地震が発生するということです。
土砂災害・洪水被害・その他

日本海側の地震で津波が襲来 若狭湾は大丈夫か

過去の地震履歴をみると日本海東縁の北部に沿って地震活動がありました。そこはユーラシアプレートと北米プレートなど大陸プレート同士の境界にあたります。この大陸プレート境界に沿って1983年5月にM7.7の日本海中部地震が発生しました。これは日本海側が本州側に潜り込むような底角の逆断層です。