南海トラフ地震に備える

スポンサーリンク
南海トラフ地震に備える

災害対策マニュアル ライフラインのガスについて

水道や電気に比べるとガスは火災・爆発や中毒の不安がありますがマイコンメーターがあるので比較的安全です。地震での停電でテレビやパソコンが消えると情報が遮断されます。被災の不安の中で最も心を痛めるのは近親者の消息です。災害時伝言板を活用しましょう。
南海トラフ地震に備える

災害対策マニュアル ライフラインの復旧に備えて

災害の準備は非常用品を備えることが必要です。中でも重要な物は、水、簡易トイレ、ラジオ、懐中電灯、ビニール袋、ラップ、乾電池、カセットコンロ、常備薬です。震災時に電気が復旧しても漏電火災が起きる可能性もあります。漏電の確認をしながら通電を再開させます。
南海トラフ地震に備える

災害対策マニュアル 地震はいつ発生するかわかりません

いざ地震が来たら、冷静に判断する、自分の命を守る、揺れが収まってから行動、火元の確認、避難口を確保する。火を付けない、電源スイッチをいれない、ブレーカーを落とす、電話をかけない、エレベーターを使わない。自動車を使わない、靴を脱がない、1人で行動しない。
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 免震(めんしん)は建物ではなく、地盤の対策

免震を実現するには建物をのせる基盤の下にさらに基礎をつくる必要があります。建物を基盤は一体であり基礎は地盤と一体です。フローティングの基礎とは名の通り建物を軟弱地盤の土の上に浮かべるということです。
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 免震(めんしん)構造は建物は壊れないのか?

建物に地震動を伝えない免震にするには以下の3つの方法があります。1.弾力のあるゴムを使用する。2.ローラーで転がるようにする。3.摩擦を減らして滑らせる。どの方法でも揺れを減衰させるための制振ダンパーは必要です。
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 免震(めんしん)地震動から逃げる

地震が発生しても起きなかったことにすることは不可能ですが、大地震を普通の地震にすることは不可能ではありません。考え方を変えれば安くでき、先人たちの知恵の中からわかってきたことです。
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 オイルダンパーを使う

ウィンダンパーの開発は多くの試行錯誤が繰り返されてきました。ウィンダンパーのオイルシールの安定使用可能年数は60年です。業界最長の20年保証としています。
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 地震のエネルギーを吸収する制震装置の選び方

株式会社プロジットのウィンダンパー(Windamper)は住宅専用のダンパーとして開発されたものです。速度依存の油圧ダンパーで、微小変形に対応できることを目的としています。
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 地震のエネルギーを吸収して家が倒壊しないようにする

本来の木造は無数にある木と木のつなぎ目がこすれて衝撃を吸収することで震動に耐えていると考えられています。建物が変形することは木造住宅の特徴のひとつであり大切な機能なのです。
南海トラフ地震に備える

地震に強い家と弱い家 耐震性の先にある制振(制震)

基準以上の耐震を確保して強くなれば家は固くなりますが家具が暴れるようになります。震動を抑える仕組みが必要となります。古建築が倒れないのはしなやかに変形し震動エネルギーを逃がす仕組みがあるからです。どちらも制振という考え方で解決できるのです。