南海トラフ地震

スポンサーリンク
南海トラフ地震

南海トラフ地震の被害想定 – 液状化と住宅被害

地震での大きな被害は谷埋め埋土地で発生しています。盛土層の底面がすべった可能性があります。地震で甚大な被害が出る可能性が高いのは谷や池を埋めた土地です。ゆるい砂で盛土されているため盛土の砂粒間の間隙水圧(水の圧力)が地震動で上昇し砂粒は水に浮き、簡単に液状化してしまいます。
南海トラフ地震

南海トラフ地震はいつ来てもおかしくない

南海トラフ地震の発生確率は高くなっています。73年前の1946年に南海地震が発生しました。これらの地震は100年から200年の間隔で発生しています。駿河湾から日向灘まで700キローメートルにもおよぶのです。13都県で10m以上の津波があり最大32mと想定されました。