南海トラフ地震

スポンサーリンク
土砂災害・洪水被害・その他

土砂災害 – マサ土地の災害 広島

広島土砂災害 - マサ土地の災害 広島市で、2017年8月に発生した土砂災害地は、とても崩れやすい斜面となっていました。 それは、発達した節理(せつり)の花崗岩や、もろいマサ土からなっているからです。 節理(せつり)とは、地層や岩...
土砂災害・洪水被害・その他

土砂災害が多発? 兵庫県六甲山周辺、近畿の山も同じ運命?

六甲山の頂上付近はどうして平坦なのか? 六甲山は急な崖が多く、登山するにはかなり大変です。 しかし、登った先には、ゴルフ場や別荘地があります。 頂上付近は、平坦なのです。 近畿地方の比良山や生駒山も、六甲山と、同じような...
土砂災害・洪水被害・その他

土砂災害警戒区域 神戸市にて、マサ土が厚いところで斜面崩壊が多発?

土石災害の危険度予測 マサ土が厚いところで斜面崩壊が多発? マサ土(まさど)とは、花崗岩などの風化が進んで砂状・土状になったもの。真砂(まさご)とも言う。園芸用に用いられる時は「真砂土」と表記し「まさつち」と読まれることが多い。日本では主...
土砂災害・洪水被害・その他

土砂災害警戒区域とは? 土砂災害はどのようにして発生するのか?

土砂災害のメカニズム 発生要因 土石流とは土砂と水が混じり、泥水のようになり、巨大な石が前面に密集し、流れ下る速度が速いため、破壊力は凄まじいものとなります。 土石流の発生は、いろいろな要因があります。 斜面崩落が一番多く、そ...
土砂災害・洪水被害・その他

兵庫県山崎断層帯地震と被害想定 – 播磨で甚大被害

山崎断層帯地震とは 2010年5月、山崎断層帯が、大規模に動いた場合、兵庫県企画県民部防災企画局は、最新の研究成果に基づき、被害想定を行いました。 山崎断層帯全体が同時に動いた場合、マグニチュード8.0の地震が生じ、震度5以上の揺れ...
土砂災害・洪水被害・その他

断層と地震の関係 – 大阪湾断層と被害想定 大阪湾沿岸部が壊滅

断層と地震の関係 - 神戸港直下を走る大阪湾断層 大阪湾断層が動いた場合、およそ5分後、大阪湾に津波が押し寄せます。 特に、神戸市は、4.5メートルを超える、大きな津波に襲われます。 1999年に神戸市は、このような、ショッキ...
土砂災害・洪水被害・その他

日本海側の地震で津波が襲来 若狭湾は大丈夫か

海溝型地震がみられない 海溝型地震とは、陸側のプレート(岩板)の下に海側のプレートが沈み込む境界で発生する地震。 一般に内陸の活断層で起きる直下型地震より、発生間隔が短く、規模も大きい。 南海トラフ沿いの東海地震や東南海地震、南海地震は、...
過去の地震

過去の地震災害と今後の地震(活断層)の可能性について

昭和南海地震は火災被害が甚大だった 1946年12月21日、紀伊半島沖で、マグニチュード8.0の地震が発生しました。 死者1330人、全壊家屋1万1591戸、津波による流失家屋1451戸、消失家屋2587戸と、甚大な被害となりました...
過去の地震

阪神淡路大震災の被害の原因のひとつに軟弱地盤あり

阪神淡路大震災の被害地域は軟弱層からなる都市地盤 河内湾が誕生は、縄文海進によります。 縄文海進とは、縄文時代前期(約1万~5500年前)にあった海進。最終氷期のあと気候が温暖化に転じ、約6000年前をピークとして現在の海面より約2~3...
過去の地震

阪神淡路大震災の被害地域は? どのような地震だったのか?

阪神淡路大震災の震源地や場所は? 阪神淡路大震災は、1995年1月17日午前5時46分、明石海峡付近で、深さがおよそ14キロメートル付近で始まりました。 地震の規模はマグニチュード7.3。 岩盤の崩壊は、2方向へ両サイドへと割...