天候・気象

スポンサーリンク
天候・気象

天候と季節の変化 – 寒冷な北西季節風と大雪の季節

冬の天気の特徴 旧暦では、11初旬が立冬です。 北国では、11月20日過ぎには、初雪が降り始める、小雪(しょうせつ)になっています。 12月には、さらに気温が低下して、本格的な冬が到来します。 立冬後、30日の大雪(だいせつ)は、1...
天候・気象

天候と季節の変化 – 植物の変化は春の到来と秋の深まりを実感

桜前線と紅葉前線 日本の春を代表する、花の桜の開花は、長い冬を経て、春の到来を最も端的に、知らせてくれます。 山々が、黄色や赤色に染まる紅葉は、気温の低下にともない、秋の深まりを感じさせます。 季節の移り変わりを、教えてくれる樹木は、...
天候・気象

天候と季節の変化 – 湿舌(しつぜつ)が大量の水蒸気を梅雨前線に供給

集中豪雨のころは 湿舌とは、南方から日本列島に入り込む、多量の水蒸気を含んだ暖かい気流。しばしば集中豪雨をもたらす。◇天気図では舌状に伸びる形で表されることからいう。 梅雨が末期に近づくと、陰性タイプの梅雨の場合でも、次第に雨の...
天候・気象

天候と季節の変化 – 秋に多く発生しやすい放射霧は、地面が冷やされてできます

霜の季節 1年を通して、霜は発生します。 しかし、多くは晩秋(秋の終わり)に見られます。 紅葉した木々を包み込む、霧の、幻想的な景色は、俳句にも多く詠(よ)まれるように、季語にもなり、日本の風物詩となっています。 秋に発生する霧は、...
天候・気象

天候と季節の変化 – 初霜や初氷は冬が間近であることを実感する朝の現象です

初霜と初氷 秋の終わりの頃、冷たい風と共に、冬が近いことを感じます。 さらに、初霜や初氷は、寒い季節の到来を実感させます。 朝早く、草や木に、霜が降りて、白くなったり、水たまりの表面が、薄く凍っていたら、気温が氷点下となった証拠です。...
天候・気象

天候と季節の変化 – 木枯らし一号は晩の終わりを告げる冷たい北風です

木枯らし一号が吹く頃は さわやかな秋晴れが続いたあと、秋が一気に深まります。 気温が次第に低下し、冬の到来を、感じさせる天気になってきます。 その先駆けとしては、高い山の初冠雪でしょう。 山は、標高が、100メートル上がるごと、およ...
天候・気象

気象予報会社はネットの普及でアイデアあふれる予報を行っている

天気予報にはどんな種類があるのでしょう 天気情報で、まずわたしたちが、必要とするのは、本日の天気だと思います。 昨日の内に、または朝でかける前に、今日一日の天気を確認し、傘が必要か、自転車で大丈夫か、あるいは上着が必要になるか、などを知...
天候・気象

台風12号を警戒。24日~25日東日本・北日本に接近

台風について 台風は、年に、およそ26個生じ、その中のおよそ11個が、日本に接近します。 さらに、3個程度、上陸します。 上陸とは、沖縄を除き、日本の海岸に、達したことをいいます。 これが1年間の、台風発生の平均個数です。 7月か...
天候・気象

天候と季節の変化 – 秋の深まりとともに天気が安定して晴天が続きます

秋晴れの頃は 秋は長雨が続いたり、天気が安定せず、変わりやすいけれど、季節が進むにつれ、秋晴れの日が多くなってきます。 その要因は、移動性高気圧が、大陸から進んでくるからです。 移動性高気圧が、乾燥した空気を運んできます。 この移動...
天候・気象

天候と季節の変化 – 秋の長雨は秋雨前線による、梅雨のような天気

秋の長雨 抜けるような青い空は、秋の空をイメージしますが、秋は、思ったよりも、雨の日が多いのです。 代表的なのが、9月の秋の長雨です。 現在は秋の長雨とか、秋雨などと呼ばれていますが、かつては秋霖(しゅうりん)と呼ばれていました。 ...