一日、7万円で、島を貸し切り! 空き空間がお金を生む!

スポンサーリンク

猿島(さるしま)

ご存じでしょうか?

横須賀の三笠桟橋から船で10分のところに浮かぶ島。大きさは野球場の3~4倍くらいです。

バーベキューや海水浴、釣りなどを楽しみつつ、自然の残る島内を散策する人が多いです。

旧日本軍の軍事施設や大砲の洋式砲台が残っています。配備されたカノン砲は実際に発射されることはなかったそうですが。

アニメ「千と千尋の神隠し」に描かれているような、薄暗いトンネルなどがあります。

人気(ひとけ)の少ない時に探索すると不気味な雰囲気を味わえます。

レンガが積まれた城壁はまるで要塞のようです。いや、実際に要塞だったのです。

完全貸し切り

レンガの積み方にはイギリス積み、フランス積みがありますが、イギリス積みは多く残っていますがが、猿島のようなフランス積みは4件しかないそうです。

たいへん貴重な建築物なので、注意して見てみましょう。

釣りの大会なども開催され、たいへん人気の島です。手ぶらで本格的なバーベキューも楽しめます。

暖かい季節はけっこうな人で賑わっていますが、冬場はさすがに観光客が激減して、閑散としています。

実はこの猿島、平日の限定ですが、1日7万円で借りることができます。完全貸し切りです。

閑散期の12月から2月までの期間のみとなります。

スペースマーケット

空き空間のレンタルサービスを提案する会社です。

「スペースマーケット 猿島 レンタル」で検索すると確認できます。

飲食店などの営業時間外の空いている店内や、使用されていない会社の会議室、お寺、古民家、球場、またはマンションの一室まで、このようなスペースをまとめてネットで公開して、借り手を募集しています。

2014年から初めて、これが大当たりしました。

会社や友達同士のイベントやパーティ、発表会、打ち上げ、などにも使用されます。

飲食店では時間限定がありますが、レンタルすれば長時間借りることができて、かつ割安です。

スペースマーケットは店舗がなく、全てインターネットで公開して募集します。

双方から手数料を取る、エアビーアンドビー(Airbnb)と同じシステムです。

素晴らしいアイデアですね。社員の皆さんも若い人が多いです。

個人だって空きスペースを利用して稼ぐ時代です。

政府でさえ、副業を推進しています。

サラリーマンとして給料を得るだけの時代ではなくなりつつあるのです。

裏を返せば、枯渇する年金と、結びつきそうな気もしないではないのですが。考えすぎでしょうか。自分の老後は自分のお金で何とかしなさい、ということなのでしょう。

なかなか厳しい現実があるようです。

それはさておき、猿島のレンタル、おもしろそうではありませんか?

大学のサークルなど、大勢で借りれば、そうとうな割安感があると思います。