レム睡眠が足りないと、甘くてこってりしたものが食べたくなる。太る仕組み筑波大が確認。夢を見たほうが太らない。

スポンサーリンク

寝不足が太る原因?

筑波大チームは太りやすいのはレム睡眠が関係しているとまとめた。レム睡眠とは夢を見るような浅い眠りのこと。このレム睡眠が少ないと、ショ糖(砂糖)や脂質を多く食べることがマウス実験で確かめられたと、イー・ライフ(英科学誌)に発表した。

十分な睡眠がとれた人に比べ睡眠不足の人は、カロリーの高い食べ物を多く食べて、太りやすいことは知られていたが、その仕組みは分かっていなかった。

不安定な環境でマウスを飼育すると、レム睡眠だけが極端に減る。筑波大のミハイル・ラザルス准教授らはこれを応用した。

安定した状態で飼育したマウスに比べ、レム睡眠の少ないマウスに味が違う餌を選ばせたところ、高脂質や甘い餌を3割近く多く食べた。

前頭前皮質に遺伝子組み換えを行い同じ実験をすると、高脂質の餌は多く食べたが、甘い餌は多く食べなかった。前頭前皮質とは味や香りなどを判断する部位である。

寝不足の状態で甘い餌を食べたくなるのは、前頭前皮質の働きが関わっている可能性がある。

このような現象が現れるのは不明だが、睡眠量が減ればレム睡眠も減り、肥満の一因になると考えられると、ミハイル・ラザルス准教授はいう。

夢はたくさん見た方が太らないらしい。