日本海側の地震で津波が襲来 若狭湾は大丈夫か

スポンサーリンク

海溝型地震がみられない

海溝型地震とは、陸側のプレート(岩板)の下に海側のプレートが沈み込む境界で発生する地震。 一般に内陸の活断層で起きる直下型地震より、発生間隔が短く、規模も大きい。 南海トラフ沿いの東海地震や東南海地震、南海地震は、100年程度で繰り返し発生してきた。【コトバンクから引用】

田島地方沖合の日本海側には、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)や南海地震のような、海洋プレートと、大陸プレートの境界がありません。

周期的な巨大地震の発生もありませんでした。

よって、これまでは巨大津波の記録もないし、津波に対して、大きな備えもありませんでした。

しかし、日本海でも過去に大きな地震が発生し、兵庫県でも津波を記録しており、備えは必要です。

日本海中部地震とは

過去の地震履歴をみると、日本海東縁の北部に沿って、地震活動がありました。

そこは、ユーラシアプレートと、北米プレートなど、大陸プレート同士の境界にあたります。

その境界延長は、南方のフォッサマグナにつながり、沈み込みプレート(スラブ)はみられません。

フォッサマグナとは、大きな割れ目の意。本州中央部を南北に横断する断裂帯。西縁は糸魚川(いといがわ)静岡構造線であるが、東縁は不明。内部はグリーンタフを含む厚い新第三系が褶曲(しゅうきょく)し、その上に第四紀の火山が分布している。【コトバンクから引用】

この大陸プレート境界に沿って、1983年5月に、マグニチュード7.7の、日本海中部地震が発生しました。

これは、日本海側が、本州側に潜り込むような底角の逆断層です。

秋田県北部から、北海道渡島半島(おしまはんとう)にかけて、数メートル、最高で15メートルの津波が襲い、100人の死者が出ました。

このとき、兵庫県豊岡市津居山にも、およそ2時間後に54センチの、津波が記録されています。

被害は、船舶に若干の被害があったのみで、幸いにも浸水被害はありませんでした。

しかし、今後東北の日本海沖には、地震活動が生じ、津波により被害が出る可能性があります。

たとえば、1993年には、北海道南西沖の日本海東縁で、マグニチュード7.8の地震が発生し、奥尻島(おくしりとう)には、数分で遡上高31メートルの津波が襲い、犠牲者は230人に達しました。

これも、北海道側が、本州側に潜り込んだ逆断層地震です。

日本海隠岐舟状海盆(にほんかいおきしゅうじょうかいぼん)と断層

舟状海盆とは、海底の細長い窪地(くぼち)。海溝より幅広く、浅底で、側壁の傾斜が小さい。規模・成因とも多様。トラフ。【weblio辞書】

日本海の、隠岐志摩周辺には、2011年に、兵庫県が指摘するように、日本海隠岐舟状海盆が存在します。

海盆とは、楕円形状の大きな深海底の窪みのことで、隠岐付近では、大陸縁辺台地(たいりくえんぺんだいち)の外側に、水深1200~1700メートルの、平坦な舟状海盆(しゅうじょうかいぼん)が、東北~南西方向にのびています。

縁辺海台とは、かなりの広さを有するほぼ平たんな海底の高まりで,その一方ないしそれ以上の方向が斜面で境されている地形
【コトバンクから引用】

この海盆の南側斜面下には、崖崩れや地すべり地形が存在し、断層の存在を窺わせます。

また、北側には水深300メートルの山塊(山脈から離れ、塊状に重なり合った山地)がのびています。

これらから、隠岐海盆を挟む、北部と南部に北断層、南断層が存在します。

活動履歴はないが、兵庫県は2011年に、それら断層が活動すると、日本海中部地震クラスの地震(マグニチュード7.7)が生じ、豊岡市津居山港(ついやまこう)で3.6メートル、香美町(かみ)で3.05メートル、新温泉町で1.75メートルの津波が生じる可能性があります。

若狭湾周辺の活断層による地震と津波

若狭湾と、その沖合の日本海の海底には、新第山系(2303万年前から258万年前までに形成された地層・岩石)を、削剥(さくはく)し、第四系(258万年前から現在までに形成された地層・岩石)に、覆われる不整合面が広く見られます。

これは、第四期に、若狭湾口部が、大きく沈下した変動が、生じていたことを示しており、それに関係する活断層が多く認められます。

さらに、北西~南東走向(そうこう)で、横ずれ断層である、浦底断層(敦賀発電所の2号機の下を通る断層)や、野坂断層(福井県)が存在します。

走向(そうこう)とは、断層面と地表面の交線を断層線と呼ぶ。断層面と水平面の交線の方向を断層の走向といい,断層面と水平面のなす角度を断層の傾斜という。また断層面に沿って両側が移動した距離を変位量または移動という。【コトバンクから引用】

さらに、東北東~西南西走向をもち、若狭湾北方に位置する、南落ちを示す断層があります。

これらは、島根半島から越前岬東方に至る、長大な南部日本海断層帯を、構成する可能性があります。

1963年の若狭湾地震の発震機構は、この断層帯によっています。

この断層は長さが長く、活動が起これば大きな地震となり、津波を発生する可能性があり、注意を要します。

このように、若狭湾東部には活断層が、密集しています。

これら断層は淡路島から、敦賀湾(つるがわん)にいたる、近畿三角地帯の北西縁にあたり、中央構造線北側の、地塊(ちかい – 四方が断層面によって限られた陸地の塊)が、その東の地塊と、衝突する前線にあたることが要因にあります。

このように、日本海でも、数多くの大規模な活断層があり、津波被害への対応が必要です。

また、周辺には原子力発電所があり、その津波想定高は、必ずしも十分な見積もりではありません。

例えば、石川県の志賀原発では、2007年に長さ20キロメートルの、海底活断層が動き、想定以上の強い揺れに襲われました。

日本海の詳細な海底調査が必要で、断層規模にあった、津波高の再想定が必要と思われます。