南海トラフ地震 備えの重要度3 【家具の固定と避難ルート】

スポンサーリンク

南海トラフ巨大地震に備えて家の中を安全に

家具の転倒やガラスの飛散でケガや逃げ遅れが多発

近年発生した大地震では、家具の転倒や落下物、ガラスの飛散による負傷者が、大多数を占めています。

揺れに翻弄されて、身動きがとれないところに、家具が倒れると、ケガや圧死を招くだけではなく、避難路がふさがれて、逃げ遅れの原因にもなります。

特に、高層マンションやビルは、高層階ほど、大きな揺れに見舞われる可能性が高く、室内被害を軽減するために、十分な転倒・落下防止対策が必要です。

南海トラフ巨大地震に備えて、家具の配置を考える

安全なスペースをつくるため、家具の配置を、もう一度考え直してみましょう。

地震の揺れにより、どんなふうに家具が転倒、または移動するかを、イメージしてみてください。

自分だけは大丈夫、などということは絶対にありませんし、地震が発生したときに考えるから、という考えも危険です。

ドア付近や廊下、または就寝スペースなどの、などの避難経路に、倒れそうな家具はありませんか?

廊下には、家具や物は置かないようにして、地震の揺れが発生したときに、身を守る、安全なスペースとして、確保しておきましょう。

家具固定の前に、物を減らすことも考えましょう

地震対策の基本は、倒れてくる危険な物を、できるだけ減らすことです。

特に、転倒すると危険な大型家具は、寝室や子ども部屋、高齢者の部屋などには、できれば、置かないようにしましょう。

可能であれば、大型家具をまとめて置く、収納専用の部屋を作るのがベストです。

とは言っても、なかなか、そんなスペースはないですよね。

スペースがなければ、寝ているベッドや布団に、大型家具が倒れてこないように、配置を考えましょう。

大型家具は固定することが前提

大型家具は、壁に直接固定すると、転倒防止効果が高いのですが、賃貸住宅などで、壁に固定できない場合は、2つ以上の器具を組み合わせて、強度を高めます。

大型家具を壁に固定する場合、壁の中の桟(さん – かたい部分)を探しましょう。ドライバーなどの柄(え)で、壁を叩いて、固めの音がある位置に桟(さん)があります。

ただし、マンションなどの集合住宅では、桟(さん)が入っていない壁や、穴を開けられない壁がありますので、工務店などの専門家に相談してください。

壁に固定する場合は、L字金具とストッパーを組み合わせると、よいと思います。

また、ベルトと、耐震ゲルマットを組み合わせるのもよいでしょう。

壁に固定しない場合は、ポールとストッパーの組み合わせ。

すきま間家具には、耐震ゲルマットを入れましょう。

家具の中身も落下しないように工夫

地震の激しい揺れで、棚から食器や書籍などが、飛び出したりすると、大変危険です。

家具の固定とともに、家具の中身の、落下防止対策も行うべきです。

戸棚は、扉ロック器具で、地震の揺れで、開かないようにします。

本棚は、滑り止めシートを、本の下に敷いて、棚の全面に荷ゴムバンドなどで、扉が開かないようにします。

食器は、滑り止めシートを、下に敷きます。

照明器具や電化製品を固定する

阪神淡路大震災では、電子レンジやテレビなどの、重たい家電製品が、数メートルも飛んだ例もあります。

地震発生時は、照明器具や家電製品の落下や転倒が、凶器になることもあります。必ず固定しましょう。

冷蔵庫は、壁と背面上部を、耐震ゲルマットやベルトで連結します。なるべく、壁に寄せて固定します。

電子レンジは、レンジ台や壁に固定します。なるべく低い位置に。

テレビは、モニターと壁を固定します。

照明器具は、複数方向から、チェーンやテグスで固定します。できれば、シーリング(天井直付)照明器具に変えましょう。

※耐震ゲルマットは耐用年数があります

耐震ゲルマットの固定器具は、取り付けが簡単で、家具や壁、家電製品を傷つけないため、非常に便利です。

最近では、粘着用ゲルが強化された、耐震性のよい商品もあります。

ただし、耐震ゲルマットは、5年程度の、耐用年数がありますので、買い換えが必要です。注意してください。

ビルやマンションは、室内に手すりがあるといい

地震が発生した場合、ビルやマンションの高層階では、地震による揺れが、大きくなる傾向があります。

揺れが大きくなると、人は体を支えるのが困難になります。

家具は転倒後に、横滑りをします。

横滑りをする家具に人がぶつかり、ケガをする場合があります。

ですので、特に高層階では、手すりを設置することをオススメいたします。

地震が発生した場合、手すりにつかまり、激しい揺れから身を守りましょう。

南海トラフ巨大地震に備えて、ガラスの飛散防止フィルムを貼ろう

窓ガラスや食器棚、扉、額縁など、部屋の中にあるガラスに、飛散防止フィルムを貼って、割れて飛散した、鋭利なガラスでのケガを回避しましょう。

飛散防止フィルムを貼る場合、まずは、ガラスに霧吹きをします。

ガラス戸などは、両面に貼ると効果的です。

片側に貼る場合は、室内側に貼ります。

窓ガラスは、カーテンを引いておくと、飛散防止を効果的に防ぐことができます。

避難ルートの確保

災害時には、家から外部への避難ルートは、2ヶ所以上確保しましょう。

外部への避難口は、まずは、玄関です。

次に、1階の掃きだし窓など。マンションの場合は、共用廊下に面した窓です。または、ベランダ。

過去の大災害では、玄関ドアのフレームが変形して、脱出が困難になったケースが多くありました。

ベランダから避難する場合、あなた家のベランダに、避難用ハッチがなければ、隣のベランダと隔てている板などを蹴破って、避難ハッチまで行かなくてはなりません。

ドアの変形などもあり、避難ルートは、2ヶ所以上確保しておき、実際に歩いてみて、問題がないか、確認しておきましょう。

避難ルートのチェックポイント

  • 玄関ドアは、耐震用のドア装置などで、変形防止の対策をしましょう。
  • 共用廊下に面した窓の付近には、家具は置かないようにしましょう。共用廊下は避難ルートになるので、物を置いてはいけません。
  • また、非常階段のカギの開け方を、確認しておきましょう。非常階段から、地上に降りてみてください。
  • ベランダや、ベランダを隔てている板に、物を置かないようにしてください。
  • 低い階であれば、単独で使用できる、避難はしごを用意しましょう。
  • 避難ハッチの場所を確認しておいてください。
  • 避難ハッチのフタや、はしごの下には物を置いてはいけません。

ライトでパニックを防止しましょう

地震が夜に発生した場合、停電になると、暗闇なります。そうなると、パニックになります。

灯りの設置は重要です。

停電したときに、自動的に点灯するライトなどが大変便利です。これにより、命を救われます。