南海トラフ地震のシミュレーション1 対応マニュアル基本行動

スポンサーリンク

南海トラフ地震が発生したときの基本行動マニュアル

(1)ぐらっときたら、身を守るのが最優先です。

テーブルの下や、ソファーの脇に身を伏せるか、物を置いていない廊下に避難します。

そんな余裕がない場合は、座布団や書籍などで、頭を保護して、大型家具から離れてください。

(2)靴やスリッパをはいて、足を保護してください。

揺れが大きい場合、割れた食器や、窓ガラスの破片などが、床に散乱します。

ケガをしないよう、靴やスリッパをはいてから行動してください。

(3)落ち着いて火の始末をします。

ストーブやガスコンロなどの火を消し、ガスの元栓を閉めてください。

万が一、出火しても、すぐに消火できれば、大事には至らないはずです。

慌てずに、火を確実に消すことが大切です。

(4)ドアや窓を開けて、避難口を確保します。

部屋や玄関のドア、窓などが地震の揺れでゆがみ、開かなくなることもあります。

最初の揺れのあと、本震がくる可能性もありますので、窓や玄関ドアを開けて、避難口を確保してください。

(5)次の行動は安全な場所で判断してください。

大地震が発生した場合、外へむやみに出て行くのは危険です。

周囲の状況を確認して、安全な場所で様子を見ましょう。

ラジオや防災無線のアナウンスなどで、正確な情報を入手し、次の行動を冷静に判断してください。

火を消すのは揺れがおさまってから

大きな揺れが来たら、無理して火を消しに行かずに、まずは、火元から離れてください。

新潟県中越地震や釧路沖地震では、やかんや天ぷら鍋、ストーブなどが転倒して、やけどをする事例が多く見られました。

現在では、都市ガスもプロパンガスも、震度5程度の揺れを検出すると、自動停止装置により、火が消えるしくみになっているため、火の始末は、揺れがおさまってからでも、遅くはありません。

南海トラフ地震が発生したときの基本行動

地震発生の行動

安全なスペースで、あなたの身を守ります。

落下物から身を守り、揺れがおさまるまで待ちます。

地震直後の行動

揺れがおさまったら、家族の安全を確認します。

スリッパや靴を履き、足を保護します。

火元の確認と、火の始末をしてください。

避難口を確保します。

ただし、津波や土砂災害の危険があるときは、直ちに避難してください。

地震後、5~15分の行動

あなたの住まいの安全を確保しましょう。

家族が物の下敷きになっていたら救助しましょう。

ケガをしていたら、応急手当を行います。

家の中に危険がないかをチェックしてください。

余裕があれば、外出中の家族と連絡してください。

ガスの元栓を閉めて、電気のブレーカを落とします。

地震後、15分~半日の行動

近所の消火と、救助、応急手当を行います。

協力して、火災を消火しましょう。

下敷きになっている人の救助や、けが人の応急手当、搬送を行います。

消防車や救急車がこられない場合もあります。

正しい情報をつかみます。政府や自治体、消防、警察、報道機関の信頼できる情報を入手してください。

防災用品を準備し、身支度を整えます。

自宅や会社で待機するか、自宅で待機するか、冷静に判断してください。

状況に応じて、避難所へ移動します。

地震後、半日~1週間の行動

家族や地域で生きのびます。

備えておいた水や食料などの、防災用品を利用して、救助物質が届くまで自活します。

避難所で給水や配給情報をチェックしてください。

緊急地震速報を見聞きしたとき

緊急地震速報は、震度5弱以上を予想した場合に、発表される地震の警報・予報です。

緊急地震速報を見聞きしたら、強い揺れが来るまでの時間は、数秒から数十秒です。

このわずかな時間に、身を守る行動をとることが大切です。

緊急地震速報を聞いてから1分間は、身を守り、地震を警戒し続けてください。

地震が来た場合は、揺れがおさまってから行動しましょう。

大地震直後に、マンションでは、水を流せません

大地震で水道管が破損していたら、お風呂の水などを流すと、階下へ漏水する可能性があります。

特にマンションでは、配管の確認が済むまで、絶対に水を流してはいけません。

過去の震災時に、配管が損傷して、低階層のトイレから、マンション住民の、大量の汚物が噴出した例もあります。

マンションでは、災害時には水は流さないといった前提で、水を活用する必要があります。