南海トラフ地震のシミュレーション3 火災が発生したらどうする?

スポンサーリンク

南海トラフ地震のような大規模な地震のあとは、同時多発火災が発生

火災が発生したときは、3分以内の消火が、延焼を防ぎます。

火災のときは、以下の行動を実行しましょう。

1. 火災を知らせる

  • 大声で叫び、隣近所に、火事を知らせます
  • 非常ベルや火災警報器を鳴らします
  • やかんなど金物をガンガン叩きます

大震災のあとは、あちこちで火災が発生し、119番通報が殺到します。

そのため、直ちに消防車が、かけつけることは期待できません。

あなたの街の、大規模な火災を防ぐために、小さいうちに、隣近所で助け合って、消火することが大切です。

2. 初期消火に努める

  • 消火器や水を使って、消火します
  • 隣近所で協力して消火にあたってください
  • 逃げ道を確保し、避難口を背に消火します

3. 避難する

  • 天井に炎が達したら、消火はあきらめて、すぐに避難してください
  • 煙が充満する前に、避難します
  • 燃えている部屋のドアを閉めて避難します

初期消火の限界は、出火後3分といわれています。

消火がうまくできずに、炎が天井に達するほど大きくなったときは、消火をあきらめて、迷わずに避難しなければなりません。

煙が立ちこめた場合や、煙の色が白色から黄色に変化した場合は、生死に関わりますので、直ちに避難します。

火元別の消火のポイントは?

  • 火は小さいうちに消火する
  • 隣近所の消火に協力する
  • 炎が天井に達したら、直ちに避難する

ストーブの消火

消火器類や、バケツの水などを使って消火します。

消火器がなければ、濡らした毛布やシーツなどをかぶせます。

ただし、電気ストーブの場合は、感電の危険がありますので、水は使用できません。コンセントを抜いてください。

カーテンやふすまの消火

カーテンやふすま、障子(しょうじ)は急速に燃え広がります。

出火し始めたなら、無理矢理引きはがして、または、蹴り倒して、消火器類を使って消火します。

コンロの消火

消火器類を使って消火します。

ただし、天ぷら油による火災は、ハロンタイプ(不燃性のハロゲン化物)のスプレー式の消火器は、有効ではありません。

また、水をかけると、水蒸気爆発を起こす危険がありますので、絶対に水をかけてはいけません。

衣服に火が付いたら

慌てて走り回ると、火が大きくなります。水をかけたり、水に飛び込んで消火します。

水がない場合は、地面を転げ回って消します。

服に燃え移っている人がいたら、地面に押し倒し、水や布をかぶせて消火します。

火災からの脱出方法

火元で最も怖いのは、有毒な煙です。防煙マスクや防煙フードの着用は必須です。

火災による主な死亡原因は、やけどではなく、です。

煙には、無味無臭の一酸化炭素などの、有害物質が含まれていて、気づかないうちに吸い込み、体が麻痺して動けなくなったり、中毒死する恐れがあります。

煙は驚異的なスピードで広がり、白色から黄色、または、黒色になるに従い、有毒ガスの濃度が濃くなり、視界も悪くなります。

特に、高層階から避難するときは、煙や有毒ガスを遮断する、防煙マスクや防煙フードの着用は必須です。

アパートやマンショにお住まいの人は、絶対に備えておいてください。

火災が発生したときに、避難のキホンは

口や鼻をおおい、低い姿勢で避難しましょう。

煙は空気よりも軽くて、上昇する性質から、天井側より、床側の方が、煙は薄くなります。

防煙マスクや防煙フードなどが、手元にない場合、姿勢を低くして、マスクの内側に、ウェットティッシュを入れたり、濡らしたマスクやハンカチを口に当てて、煙を吸わないようにして脱出しましょう。

  • 煙が白色のときは、短い距離であれば、息を止めて一気に走り抜けます
  • 煙が黄色のときは、有毒ガスを吸い込まないために、防煙マスクや防煙フードを着用して、姿勢を低くして移動します
  • 煙が黒色のときは、壁づたいに、床を這うように逃げます。床の角や階段の段差に残っている、新鮮な空気を吸います

火災時、場所別の避難ポイント

火災時に、出口が近いとき

出口や非常口が近ければ、息を止めて、躊躇せずに炎の中を、一気に走り抜けます。

このとき、頭から水をかぶり、濡れたシーツなどで、体を覆うことができればベストです。

脱出後に、衣類に火が付いてしまったら、地面を転げ回って消火しましょう。

火災時、階段から煙がのぼってきたとき

階上にいるときの避難は、すみやかに階下、屋外へと脱出するのが鉄則です。

しかし、階段から火と煙が、激しく立ち上ってくる場合は、階段は使えません。

この場合、ベランダから、はしごを使って脱出します。

火災時に、地下街やデパートにいるとき

集団パニックに巻き込まれないように、落ち着いて、非常口から地上、建物の外へと避難します。

煙がひどいときは、ハンカチなどで口と鼻をおおい、壁と床のコーナーあたりに、姿勢を低くして、顔をくっつけながら進みます。

煙で前が見えなくても、壁づたいに進めば、出口にたどり着きます。

群衆に巻き込まれないようにしましょう。

ガス漏れの可能性あるときは

ガス漏れの可能性あるときは、懐中電灯や、電気スイッチはダメです。

大地震でガス管が壊れると、ガス漏れが起こります。

漏れたガスに引火すると、爆発の恐れがあるため、タバコやろうそくに、火を付けるのはやめましょう。

少しでも、ガスのにおいを感じるときは、懐中電灯や部屋のスイッチに、触れてはいけません。

関東大震災では、当時の東京の全面積の44パーセント弱が消失

関東大震災は、大正12年(1923年)9月1日、午前11時58分の昼時に発生しました。

当時の東京市の全面積である、79キロ平方メートル強の、44パーセント弱の35キロ平方メートル弱が消失しました。

浅草や日本橋などの、下町地域のほとんどが、焼け野原になりました。

東京市の東京震災録によりますと、出火した134ヶ所のうち、直後に消し止められた火災が57ヶ所で、消し残った77ヶ所から、延焼火災になったとされています。

当時の建物は、燃えやすい木造住宅であったこともありますが、地震発生直後に、消火しきれなかったことが、被害の拡大につながったといえるでしょう。

阪神淡路大震災の数時間後、無人の家から火災発生

平成7年(1995年)に発生した、阪神淡路大震災では、282件の火災が発生しました。

そのうち、地震直後の出火は、87件で、数時間から数日経過したあとの、通電火災が相当数あり、注目を集めました。

地震による停電のあと、数時間、あるいは、数日経って、再び電気が通じたときに、転倒した電気ストーブや、観賞魚用ヒーターなどの、熱を出す家電製品が、加熱や発火の原因となり、通電火災が多発しました。

通電火災はこうして守ろう

  • 避難の前に、ブレーカを落とします
  • 電気復旧後は、家電のコンセントを抜いてから、ブレーカをいれます