地震に強い家と弱い家 免震(めんしん)構造は建物は壊れないのか?

スポンサーリンク

地震対策 免震構造にはどんな方法がある?

建物に地震動を伝えない免震にするには、3つの方法があります。

  1. 弾力のあるゴムを使用する。
  2. ローラーで転がるようにする。
  3. 摩擦を減らして滑らせる。

どの方法でも、揺れを減衰させるための、制振ダンパーは必要です。

「1.」のゴム方式は、ゴムだけですと、重さでつぶれて、中央が膨らんでしまいますので、鋼板と交互に積み重ねたものを使用します。

大きな建物では、ほとんど、この積層ゴムが使用されています。

「2.」のローラー式では、受け面を皿状にすることによって、元の位置に戻ります。

「3.」の滑り方式では、ずれたままになってしまいますので、補助的に復元用の装置を使用します。

小規模な住宅などでは、この2つの方式がとられることが多いです。

これらの免責構造を見て気づくのは、横の揺れだけが、考えられているということです。

縦揺れに対しては、どの方式も対応できていません。

縦揺れが大きい、活断層型の地震では、これらの免震は役に立たないことになります。

地震対策 住宅に免震はできるのか?

免震が住宅で、なかなか普及しない要素のひとつは、設計の難しさがあります。

これまでにも、耐震の計算の難しさを、説明してきましたが、それに重ねて難しくなります。

法律上でも、2000年の建設省告示で、免震の扱い方が定められています。

免震で家が揺れなくなるのですから、耐震性は緩和されてもよいと思いますが、そうはいきません。

構造上最低限の四号建築でさえ、仕様の規定は増えます。

軟弱地盤はだめで、家の形状も正方形や長方形の、整った形で、細長くないことが、求められます。

さらに、地震の時には、家が動いてしまいますので、40~50㎝は、周囲から離れることと、定められています。

規定のほかにも、考えておくべきものもあります。

エアコンや給湯器の室外機も、一緒に揺れる基盤の上にのせるか、逆に、離した場所に設置しなければなりません。

ガスや上下水道などの配管も、家が動いても、切断されないようにする必要があります。

その他に、玄関ポーチも、基盤の上につくって、浮かせておかないと、アプローチとぶつかってしまいます。

同じように、庭とつながるデッキも、つくることができません。

もちろん、あとからつくることもだめです。

どうしてもつくりたいのであれば、デッキの下に、基盤が必要になります。

そして、これらがのった基盤を支えるための、本当の基礎と地盤が必要です。

このような状況を説明しようとしているときに、熊本地震の調査の中で、設置された免震装置と、その下の基礎が、壊れている建物が発見されました。

これでは、免震の価値はありません。

改めて、免震のことを、研究し直さなければなりません。

続きは、ブログにあげていきます。