災害対策マニュアル ライフラインの復旧に備えて

スポンサーリンク

地震対策 災害の準備

大きな地震が起こると、たとえ家が倒壊しなくても、被害は発生します。

タンスが倒れてきたり、照明や棚の上の物などが、落ちてきたり、置いてあったテレビや、テーブルが動き回って、人を傷つけたりします。

実際の地震による負傷者のデータでは、30~50パーセントが、家具などの転倒や落下、移動が原因となっています。

これらを考えますと、部屋の中には、できるだけ、物を置かないようにしたいものです。

特に、寝ているときは、無防備ですので、寝室では、寝床に倒れてくるような家具は、置かないようにしましょう。

また、寝室以外でも、倒れた家具が、避難経路をふさがないよう、配置を考えておくことが大事です。

窓や扉のガラスや、食器が割れて散乱することも考えられます。

寝室のそばには、底の厚いスリッパを、常備しておきたいものです。

家の中では、被災によって、避難場所も異なります。

土砂崩れや洪水などの、水に関する災害では、2階など、できるだけ高い場所に避難します。

竜巻や風の災害では、低い場所に避難します。

特に、竜巻では、浴槽の中が、比較的安全といわれています。

何の予兆もなしに、突然発生する地震では、このような対応は、なかなか難しいものです。

災害の準備としては、非常用のものを備えることが必要です。

中でも、重要な物は、水、簡易トイレ、ラジオ、懐中電灯、ビニール袋、ラップ、乾電池、カセットコンロ、常備薬です。

地震対策 電気のライフライン

災害地に問題になるのは、電気、水道、ガスなどの、ライフラインが途絶えることです。

特に、電気のライフラインは、大きな被害を受けます。

ラジオやテレビ、パソコンが使用できず、情報のライフラインも途絶えます。

なによりも、寒い時期での被災では、多くの暖房装置が、使えなくなってしまいます。

エアコンはもちろん、電気で動かす、石油ファンヒーターも使えません。

寒さを耐える方法は、厚く着込むしかありません。

また、夜になると、照明も使えなくなってしまいます。

近年の住宅では、家電と同じ扱いになる、トイレも多くあります。

流水レバーを持たないトイレの場合は、タンクに水があっても、停電によって、水を流すことができなくなります。

停電用に、便座脇付近に、洗浄用のつまみや、レバーがありますので、あらかじめ、確認しておきましょう。

太陽光発電を搭載している住宅では、直接的な被害を受けない限りは、災害地にも、有用に働いてくれます。

その意味では、太陽光発電は、災害対策としての、貴重なアイテムのひとつでもあります。

震災時に電気が復旧しても、建物内の破損から、漏電火災が起きる可能性もあります。

そのためには、漏電の確認をしながら、通電を再開させます。

すべてのプラグコンセントから、プラグを抜き、各機器のスイッチをオフにして、すべてのブレーカーを下げてください。

基本的には、漏電ブレーカーがありますので、それらを、ひとつひとつ、確認しながら、入れていきます。

地震対策 水道のライフライン

電気が止まることで、水道が使えなくなるケースもあります。

ペットボトルに、水を貯めておけば、飲用水の対応はできますが、その他の生活用水に困ります。

非常食に、カップ麺が有用なのも、食べた後に、食器を洗わなくてよいからです。

下水がつかえるようになれば、水洗トイレは使えます。

トイレを流すには、バケツ一杯ほどの水を、中心部に一気に流し込み、あとから、静かに、注ぎ足して使います。

それでも、配水管の途中に、たまることがありますので、時折、多めの水を流しておきましょう。

よく、お風呂の残り湯は、貯めておくのが良いといわれていますが、それは、間違いです。

 

地震対策2 地震がきたらトイレに逃げ込む? 間違いだらけの家ので避難
倒壊した家から奇跡的に助け出された人の話ではたまたま隙間に助けられたという話がほとんどです。家庭内事故で亡くなる人は交通事故の死者数の倍以上。半数は浴槽での溺死です。ですので浴槽に水を貯めず、いざという時にシェルターとして利用する手もある?

 

上記のように、別の災害を招きかねません。

また、復旧したときのために、水道のからんが、緩んでいないかを、確認しておいてください。