ウケグチノホソミオナガノオキナハギ,スカンクアネモネフィッシュ←変な名前の魚

スポンサーリンク

こんな生き物知っていますか?

ウケグチノホソミオナガノオキナハギ

17文字のウケグチノホソミオナガノオキナハギは和名の中で現在はもっとも長い魚名です。名前が長いのにはわけがあります。チョウチンアンコウの1種にミツクリエナガチョウチンアンコウ(箕作柄長提灯鮟鱇)という名の魚がいます。これまではこの魚が最長だったのですが、これを上回る長い名前にしようという思いから名付けられてのがウケグチノホソミオナガノオキナハギです。長いと覚えにくいということで、覚えやすいように5・7・5調になっているのです。こんな理由から魚名が付けられました。

メモ

カワハギ科の海水魚です。インド洋から南シナ海の浅海に分布します。大きさは30センチ程度です。カワハギの仲間ですが、日本に分布しているカワハギとは姿形がかなり変わっていて、体が細く、尾ビレが長く、受け口で、下あごにヒゲを1本持っています。魚名はそれらの特徴に基づきます。

スカンクアネモネフィッシュ

スカンクは強烈な悪臭を放つことでよく知られています。スカンクアネモネフィッシュもスカンクと同じように悪臭を放つのでしょうか?

スカンクアネモネフィッシュは熱帯魚のクマノミ類の一種です。クマノミ類はイソギンチャクと共存しています。イソギンチャクは英語でseaanemone(シーアネモネ-海のアネモネ)といいます。ですので、クマノミはアネモネフィッシュと呼ばれています。スカンクアネモネフィッシュという名が付いているのは、この魚がスカンクと同じように、頭部から背中にかけて白いライン状の模様があるからなのです。悪臭を放つからスカンクの名がついたのではありません。

メモ

スズメダイ科の海水魚です。インド洋、ジャワ海、アンダマン海、モザンビークから南アフリカ沿岸などに分布します。大きさが10センチから11センチ程度。頭部から背中の白いラインが特徴です。スカンクアネモネフィッシュ(skunk anemonefish)は英語名ですが、そのまま和名として用いられています。