「ふるさと納税」で住民税と所得税がお得になるトータルプラス

furusato1

スポンサーリンク

自己負担2,000円で、2,000円以上の品物をもらっちゃおう!

ふるさと納税とは、自分の意志で行う寄付です。税金ではありません。

住んでいる地域に住民税を納めたうえで、他の地域に寄付すると、寄付金控除が適用されて、翌年から住民税と所得税が安くなるという仕組みです。

特典(返礼品)もあるので、二重にお得なのです。

ふるさと納税は、自分のふるさとでなくてもいいのです。

どこでもオーケーです。さらに、いくつもでもオーケーなのです。

たとえば、

年収600万円の人が、5つの自治体に合計65,000円を寄付した場合、それぞれの自治体から返礼品をもらいます。送られてきた寄付金受領証明書を確定申告で税務署に提出すると、2,000円を引いた63,000円分の税金が安くなります。実費2,000円で5つの自治体からそれ以上の品物をいただいて、還付金もある、ということになります。なんということでしょう!

「確定申告で税務署に提出」と申しましたが、2016年1月から確定申告は不要となり、ワンストップ特例制度が利用できます。

確定申告不要のワンストップ特例制度

ふるさと納税のサイト(いろいろあります)から寄付を申し込んで、申請書の請求欄にチェックをすると、自治体から申請書の用紙が送られてきます。

申請書はそれぞれ寄付した自治体ごとに、提出する必要があります。

ワンストップ特例制度を利用する場合は、年間5つの自治体が限度です。

マイナンバーと本人確認の書類が必要になりますので、免許証やパスポート等の身分証を紙にコピーしておきましょう。

ぜんぶ一緒に郵送します。

これで、税務署に足を運ぶ必要はありません。ただし、確定申告をする必要のない給与所得者に限ります。一般のサラリーマンであればオーケーです。

6カ所以上へ寄付した場合や、医療控除、住宅ローン控除の確定申告が必要な場合は、ワンストップ特例制度は利用できません。

注意点は、特に注意ではありませんが、

確定申告した場合は所得税が還付され、住民税のみ控除されます。ワンストップ特例制度で申請した場合は、所得税控除を含めた住民税が控除なります。つまり、同じです。

税金ていつ控除されるの?

2016年に寄付すると、申請用紙の郵送は2017年1月10日必着となります。

所得税の還付金の振り込みは、1月10日の申請ですと、2月中旬でしょうか。

住民税の控除(または所得税を含めた住民税の控除)は、たぶん、6月から毎月1年間となります。給与明細を見てください。減っていますので。

控除や還付金の目安を、もうちょい詳しく記載しますと、控除額は以下となります。

 年収 控除額(独身) 控除額(夫婦で配偶者控除あり)
 200万円 13,000円 4,000円
 300万円 26,000円 17,000円
 400万円 41,000円 31,000円
 500万円 59,000円 47,000円
 600万円 75,000円 66,000円
 700万円 107,000円 84,000円
 800万円 129,000円 118,000円
 900万円 151,000円 140,000円
 1,000万円 175,000円 164,000円
 1,500万円 378,000円 362,000円
 2,000万円 545,000円 529,000円
 5,000万円 2,047,000円 2,023,000円
 1億円 4,305,000円 4,286,000円

自己負担金2,000円は必要です。

これ以上寄付を増やすと、自己負担金2,000円を超えます。金額を重ねていくと、突然、万単位の自己負担金になる場合がありますので、しっかり確認しましょう。

年収500万円で独身の場合、61,000円寄付すると、2,000円の負担で、特典(返礼品)をもらって、約59,000円が収入から控除されるという意味です。

あくまで目安です。実際の控除上限額は、今年の収入・所得・控除によって算出されます。詳細は寄付をする自治体に確認しましょう。

ふるさと納税は市町村が損する?

総務省から、換金性の高いプリペイドカード、寄付の額よりも高い返礼品などは控えるよう、また、返礼品(特産品)が寄付金控除の趣旨を踏まえた良識ある対応でお願いしたい、と、お達しがあります。

豪華すぎる品物は控えなさいということです。

当初から比べると、質は落ちているかもしれませんが、まだまだ豪華ですよ。すさまじい量の返礼品があります。各自治体、力を入れています。

人気の米や肉、果物、魚介類、野菜、酒、お菓子、麺類、加工品、旅行、お食事券、雑貨、書籍、工芸品、化粧品等あります。

感謝状もありますよ。1円から100万円と幅は広いですが、それだけ寄付すれば、市町村から感謝状がもらえます。感謝状なんかいらねえよ、と考える方もいらっしゃるでしょうが、実は私、これ、すっげ欲しいッス。

さて、誰が得して、誰が損をするのか、ですが、

寄付する人は得です。

寄付をもらう市町村も、10,000円寄付してもらって、3000円程度の返礼品を送って、8,000円の得です。

寄付した人が住んでいる市町村は、寄付した人の税金を安くする必要があるので、損。

ですが、

よくよく考えると、

A市町村からB市町村へ、B市町村からA市町村へと、寄付が行われれば、全員が得になるのです。うまいこと考えましたね。持ちつ持たれつで、地方の活性化につなげたい、ということです。かしこい!
furusato3