直木賞「ホテルローヤル」の著者、桜木紫乃が描く、元ストリッパー、ノリカの物語「裸の華」

スポンサーリンク

ホテルローヤルよりおもしろい

著者プロフィール

桜木紫乃(さくらぎ しの)

2001年、「瑠璃色のとき」北海道新聞文学賞候補

2002年、「雪虫」オール讀物新人賞受賞

2012年、「ホテルローヤル」直木賞受賞。「ラブレス」島清恋愛文学賞、釧新郷土芸術賞受賞。

裁判所でタイピストとして勤務。その後専業主婦となる。

二人目の子供を出産後、小説を書き始める。

15才の時に、釧路で父親がラブホテル「ホテルローヤル」を開業。

その他の作品、

氷の轍(わだち)

ブルース

無垢の領域

蛇行する月

誰もいない夜に咲く

ワン・モア

恋肌

風葬

氷平線

など多数の著書。

長編小説「裸の華」~あらすじ~

横浜のストリップ小屋で踊った正月公演で、左足を骨折。

ひざにボルトを入れて、リハビリを続ければ、またステージに立てる。

そう、思っていた。

ダンスのターンが怖い。何度試しても、ダメ。

得意技のターンができなければ、続けることなんかできない。お客を喜ばせることなんてできない。

ノリカにだって、矜持(きょうじ_誇り)がある。

気づくと四十路になろうとしていた。

ストリッパーの舞台から降りて1年。

クリスマスイブ、故郷の札幌に戻ったノリカ。

店舗を購入する際、携(たずさ)わった、不動産屋の社員、竜崎。

まるで「のび太」のような風貌、とノリカは密かに思う。

その竜崎との、のちの関わり。

ダンスシアターを経営。

2人の若いダンサーを雇うことに。

明るい性格の瑞穂と、寡黙(かもく)な、みのり。

「ダイヤの原石がここにある」

みのりのダンスを見てノリカは思う。

全身がバネだ。

ダンスをするためだけに生まれてきた、みのり。

「私の踊り、余裕ありませんか。見ていて楽しくないですか」

そんなことを口にするみのりに、何をどう教えていこうか……。

才能ある若き二人のダンサーに支えられ、ダンスシアター「NORIKA」をオープン。

「ノリカちゃん、探したよ」

入ってきた客に言葉をなくすノリカ。

ストリッパー時代に、客としてきていた、サンタクロースのような体型の、オガちゃんだった。

「ボク、もう一度、ノリカちゃんのダンスで、タンバリンを振りたい」

オガちゃんこと、小笠原のリクエストに応えるノリカ。

「ありがとう、さようなら、ノリカちゃん」

そういって、タンバリンをノリカの手に。その後、小笠原は……。

客足も少しずつのびるようになり、地元のテレビ局が取材にくる。

そして、みのりの才能は、映画のプロデューサー大滝の目にとまる。

この小説は、天才ダンサー、浄土みのり(じょうどみのり)の物語でもあるとも、言えるのではないでしょうか。

ノリカの物語に深く関わる、不動産業者の竜崎もたいへん興味深い人物です。

そして、数奇な運命のオガちゃん。

ストリッパー時代の師匠、志津香との衝撃的な出会い。

「いっぺん脱いだ女が、裸以外で稼ぐ難しさもよく知っている」

ノリカが世話になった、神奈川県の大和ミュージックのママの言葉が、脳裏に。

そして、サブちゃんとの再会。

ニューハーフの歌手、角倉さとる(かどくらさとる)など、際立つ登場人物が物語を、ギュッと濃くしています。

全てが順調に進むかと思いきや、ダンサーの一人、桂木瑞穂(かつらぎみずほ)が……。

序盤から最後までどんでん返しが続きます。

「ホテルローヤル」以上のおもしろさがあり、物語はスピーディに展開していきます。

ぜひ、ご購読を。

小説すばるの2015年1月から2015年12月までの掲載でした。ちょうど、池井戸潤の「陸王」も掲載されていました。これも感動の物語です。