ドル建て保険ランキング掲載オススメのトップ5

スポンサーリンク

超低金利時代は外貨の運用にも注目すべき

高金利の外貨で運用する保険について解説いたします。

超低金利時代だからこそ、外貨運用を注目してみましょう。うまく活用すれば、分散投資の1つになり得ます。

外貨建て保険は、保険の保障機能を、高金利通貨で運用することで資産形成もできます。

日本円以外の通貨で、保険料の払込や、保険金等の受取り、保険料の運用を行う商品が、外貨建て保険となります。

超低金利のせいで、日本では保険料の運用管理はよくありません。

とりわけ貯蓄型の保険の利率は低く、魅力的な商品はないに等しい時代です。

従って日本円より高い金利の通貨で運用を行うことで、資産形成と保障を兼ね備えた保険が注目されます。

商品ごとに異なりますが、運用通貨は豪ドルと米ドルが主流となっています。保険の種類は、個人年金保険、終身保険、養老保険です。

保険料支払い方法が平準払いと、一時払いの商品があります。

保険料支払い「平準払い」

平準払いは、20年、30年など長期にわたり、保険料を払い続けますので、年配者よりも若い人向けの商品となります。平準払いは、ドルコスト平均法でリスクを軽減できます。

保険料支払い「一時払い」

一方、一時払いは、相続したお金や退職金などの、まとまったお金の運用向きですので、主に中高年が活用する商品となるでしょう。どちらも保険料は、外貨で支払うのが原則となりますが、日本円で支払える商品も存在します。

外貨建て保険のメリットとデメリット

日本円の保険と比べ、高金利の外貨で運用するので、資産形成機能が高いのが、外貨建て保険のメリットとなります。

また為替レートによっては、受取り時に為替差益を受け取る楽しみもあります。

デメリットとしては為替差損を被るリスクがあるということです。しかし、このリスクを軽減することができる商品もあります。

いずれにしても、商品の仕組みは大変複雑ですので、プロのアドバイスなしでは難しい商品といえるでしょう。



保険種類、支払いかた、運用通貨などいろいろな商品がランキングに入っています。

外貨建て保険ランキング

No1 USドル建終身保険ドルスマート(メットライフ生命)

問題点

まず始めに、「USドル建終身保険ドルスマート」の問題点をあげますと、保険の払込み方法が全期前納のみということです。

全期前納というのは、契約時に全期間分の保険料を、まとめて支払う方法のことです。

割引率が、全保険期間分の保険料を、一回で支払う「一時払い」より低いのが特徴です。

良い点

「USドル建終身保険ドルスマート」の良い点は、3%の積立率が保障されていることです。

特徴

● 変動する積立利率

「USドル建終身保険ドルスマート」は積立利率変動型ですので、利率は運用実績に応じて毎月初日に更新されます。

しかし、運用実績が悪くても、3%の積立率が保障されていますので、これを下回ることはありません。これは大きな安心材料となります。

そもそも、保険商品が円建ての場合、0.5%から1.0%程度ですので、この3%というのは、いかに大きいかおわかりでしょう。これが魅力のひとつとなっているのです。

● タイプが選択できます

低解約返戻金型の有無を選択できるのです。

低解約返戻金型は、途中で解約しますと、もらえる金額が100%以下(70%くらい)になりますが、保険料は安くなるのが特徴です。

返戻率は、支払額により高くなります。払込期間が終了すれば、もらえるお金が100%以上となります。

低解約返戻金型にしなかった場合、途中解約のリスクを低減させるため、90%以上でお金が戻ってきます。その代わりに、保険料が高めに設定されているのです。

途中解約の可能性がある場合は、低解約返戻金型にしないほうがよいでしょう。

たとえば、学資資金にあてる場合、短期払い(10年)にして、運用する方法もあります。この場合、保険料を抑えられる低解約返戻金型にするとよいでしょう。

「USドル建終身保険ドルスマート」は、何といっても、為替の大きな変動リスクを抑える、3%保障が魅力の商品です。

No2 米ドル建終身保険(ソニー生命)

特に日本人は安定を好みますよね。変動するものにたいして、抵抗があるようです。特にお金に関してはそうかもしれませんね。

変化する外貨建て(ドル建て)保険の保険料は、円安になれば高くなるし、円高で安くなります。そこには為替手数料が含まれます。

ここにソニー生命の利点があります。

為替手数料が安いのです。

他社の為替手数料の場合、多くが1米ドル「0.5円」です。

ソニー生命は、何と、1米ドル「0.01円」なのです。

また、クレジットカードからの支払いは不可となっています。支払いは、口座振替となります。できるだけ手数料は控えたいとの配慮だとお考えください。

No3 米ドル建リタイアメント・インカム(ジブラルタ生命)

  • 30才男性 USD 183.70$
  • 40才男性 USD 286.70$
  • 50才男性 USD 526.50$

運用は米ドルで行う、年金支払い型の養老保険です。

保険金や年金の受取り、保険料の支払いは、特約を活用すると日本円でできます。

保険料払込期間満了後、保証期間付終身保険、確定年金、満期保険金等から、受取り方法を選択できます。

病気で所定の身体障害状態になりますと、保険料の払込が免除できる特約を付けられます。

No4 米ドル建終身保険-低解約返戻金型(ジブラルタ生命)

あなたやあなたの家族のための終身保険です。

たとえば、不慮の事故で身体障害状態(所定の)になった場合、その後の保険料払込みは免除となります。また、高度障害になってしまった場合、高度障害保険金や死亡保険金をもらえます。

問題点

米ドル建終身保険-低解約返戻金型は、最後まで支払えば、通常のものと受け取れる保険金は変わらないのですが、途中で解約したときは、7割程度解約返戻金が低くなります。解約で元本割れとなってしまいます。

また、支払期間が短いと、毎月支払う保険料が割高となります。年齢が若ければ安い、年齢が高ければ高い、ということになります。

満期をいつにするのか、年齢はいつからにするのかを、しっかりと検討してください。

良い点

● 介護保険料控除

疾病障害による保険料払込免除特約を付けることによって、介護保険料控除が得られます。確定申告や年末調整での節税対象となります。

● 返戻金が高い

毎月支払う保険料が少なく、返戻金が高いです。

低解約返戻金は通常よりも保険料が安く、最後まで支払えば、返礼率が高くなります。できるだけ、途中解約はしないほうがいいでしょう。

● 保険金の受取りが選択できる

保険金を満期で一括でもらうのは基本ですが、特約で受取り方法を選択できます。

一部のみもらい、残りはそのまま。または、分割して年金でもらう、といった選択になります。

生きている間、ずっともらえる選択、夫婦の一人のみ生きている間、もらえる選択、または、もらえる期間を指定しておく選択もあります。

保険金の受取りは、あなたの生活にあった方法を選ぶことができます。

しっかりと確認しておいてください。

No5 米ドル建 介護保障付終身保険-低解約返戻金型、無配当 (ジブラルタ生命)

死亡または高度障害、介護として、一生涯の保障を準備できます。

介護保険金の受取りは、要介護2以上(公的介護保険制度)の該当となります。

下記の2つのプランから選択できます。

● 介護保障50%プラン

介護保険金として、保険金額の半分がもらえます。保険金をもらうと、保険金額が減額され、該当した死亡または高度障害のみの保障となり、保険料が免除になります。

● 介護保障100%プラン

介護保険金として、保険金額と同等の額がもらえます。死亡・高度障害・介護保険金のひとつをもらうと、保険の契約が終了します。