個人賠償責任保険は持ち家であれば火災保険に付けましょう – 割安な火災保険がベスト

スポンサーリンク

クレジットカードの特約では割高

選択肢があるのであれば、割安な火災保険がベストです

個人賠償責任保険は、日常生活の中での、さまざまな事故に対して役立ちます。たとえば、自転車で歩行者に追突してケガをさせてしまったり、子どもが他人のものを壊してしまったりしたときに、損害賠償や弁護士費用を出してもらえる保険です。

ひとりが加入すれば、配偶者や子どもも補償対象なりますので、一家に1契約は絶対に欲しいところでです。

加入方法は、自動車保険や火災保険に特約として付けるか、クレジットカードの会員専用保険に加入する、ということになります。

ただし、クレジットカードの場合は割高になります。一方、火災保険には長期契約での割引などがあるので、可能であれば火災保険に特約として付けるのがいいでしょう。

なお、補償額は最低でも1億円で、保険会社が示談を代行してくれる示談交渉サービスも付けたほうがいいでしょう。

日常で起こりうるいろいろな事故をカバーしてくれる

1億円の高額請求が出たケースもあります。

普通に生活していても、いろいろなアクシデントに見舞われることがあります。そのような事故で役立つのが個人賠償責任保険です。

自転車事故で1億円近い賠償命令が出たことから注目を集めました。自転車保険と勘違いされることもありますが、本来は別物です。個人賠償責任保険は自転車以外の事故での用途も多いです。

超高額の1億円なんて請求されたら、大変なことになります。

どんなときに使える保険でしょう?

使える? 使えない?
酔ってケンカをして相手にケガをさせた使えません
友達に借りたカメラを壊してしまった使えません
アルバイト中に自転車で歩行者にケガをさせてしまった使えません
自転車で歩行者にケガをさせた使えます
飼い犬が他人にかみついた使えます
デパートで展示品を壊してしまった使えます

割安かつ手厚い火災保険にセットするのが正解

改定にともない補償が見直されました。

朝日火災の火災保険が2017年に突然改定を実施しました。価格が安くなったことに業界では驚きましたが、個人賠償責任保険は補償内容も見直されまして、支払限度額無制限、海外での事故にも対応するなど、最高レベルの補償となりました。もちろん示談サービス付です。

被保険者と補償の範囲は拡大傾向にあります。

以前、認知症の親の交通事故が社会問題になりました。これを受け、記名被保険者が無責任能力者の場合、監督義務者が別居中でも補償対象とする商品が発売されました。

加入する方法はこの3つ

優先度低 クレジットカード

傷害保険とのセットなどになっていて割高なものが多いです。自動車保険や火災保険のどちらも加入できない場合以外は、極力避けたいです。

優先度中 自動車保険

火災保険に加入できない環境で、自動車を所持しているのであれば要検討です。ただ、割安なダイレクト型では、付けられないこともあります。

優先度高 火災保険

もっとも割安で、補償内容が充実しているものが多いです。ほとんどが示談交渉サービス付ですが、中には、ないものもありますので注意しましょう。