火災保険は災害以外でも住まいのトラブルや水災も補償-ランキング

スポンサーリンク

火災保険は都市部でも増える水災に対応

補償の対象は建物と家財の2つがあります

補償範囲や補償対象はしっかりチェックしましょう。火災保険の対象は建物と家具に分かれていまして、ともに付けるか、片方だけに付けるかを選択します。また、補償される範囲は幅広く、火災などの自然災害以外に使用することも可能です。

対象範囲

建物:建物本体や畳などの建具、門、エアコンなどの付属建物が含まれます。

家財:建物内にある冷蔵庫やテレビなどの家電のほか、衣服なども含まれます。

補償範囲

  • 水災
  • 風災・ひょう災・雪災
  • 破裂・爆発
  • 落雷
  • 火災
  • 不足かつ突発的な事故(汚損・破損)
  • 盗難による盗取・損傷・汚損
  • 騒じょう・集団行動に伴う暴力・破損行為
  • 漏水などによる水漏れ
  • 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等

補償内容をカスタマイズできるものも多いです。ぜひご確認ください。

都心でも安心できない。水災に注意

都市部は内水はん濫に対する備えにすべし

火災保険は火事のためだけの保険ではありません。水災や風災、雪災にも使えます。水災に関しては最近は得に多いです。大雨による洪水や土砂崩れなどの心配が少ない都市部でも安心はできません。

下水や排水路などの「内水はん濫」の危険性が潜んでいますので、しっかりと備えておきたいものです。

3つの主な水災

・洪水

豪雨などが原因で、増水やはん濫した河川の水によって、住宅が水没したり浸水したりします。

・土砂災害

大雨によって崖や斜面の土が崩れ落ち、民家に被害を与えます。土石流などもこれにあたります。

・内水はん濫

市街地の雨水の処理能力を超える雨が降ったときに、水があふれて建物や道路が浸水します。

豪雨による水害は毎年のように発生

  • 平成24年7月 九州北部豪雨
  • 平成26年8月豪雨
  • 平成27年9月 関東・東北豪雨
  • 平成28年 台風第10号岩手県に上陸
  • 平成29年7月 九州北部豪雨
  • 平成30年 台風24号-南西諸島及び西日本・東日本、25号-四国や近畿地方

ここ数年、毎年のように豪雨による水害が起こっています。近年6年だけでも、広島の土砂災害、栃木・茨城の洪水、福岡・大分の河川はん濫や土砂崩れなど、大きな被害を起こす水害が相次いでいます。

危険なエリアを調べる

あなたが暮らしている地域が危険なのかどうかは、居住地域の自治体が出している国土交通省ハザードマップポータルサイトなどで確認できます。一度は見ておいたほうがよいでしょう。

水災に対する補償は慎重に検討したい

火災保険は、さまざまな自然災害などで生じた損害を補償してくれるものです。火災保険の対象となるのは、建物と家財で、この2つは別の損害として扱われます。

衣類や家電などの家財も守りたいのであれば、建物とは別に家財も補償の対象にして加入する必要があります。

自然災害のなかでも地震による災害は対象外です。補償を得たいのであれば、地震保険もセットで付ける必要があります。

火災保険の補償範囲は広く、火災はもちろん、落雷、破損、風災、爆発、雪災、ひょう災、水災の自然災害に加えて、突発的な事故や盗難にも対応しています。

とはいえ、これらをすべて付ける必要はありません。補償範囲をカスタマイズできるものも増えていますので、自分の地域や住居のリスクに応じて、最適なものを選択すればよいでしょう。

ただ、水災に関しては慎重に検討したほうがよいでしょう。近年、豪雨による水災被害が増えていて、洪水や土砂災害の心配が少ない都市部でも、内水はん濫の危険性が問題視されています。

あなたが住んでいる地域は本当に安全なのかを、ハザードマップなどで確認してから検討しましょう。

火災保険ランキング

No1. セコム損保「安心マイホーム保険」

戸建ての保険料は最安値です。費用保険金も充実しています。選べるプランは3種類です。

補償プランがシンプルで選択しやすいです。安さを重視して補償を絞った「スリム」、災害以外の事故なども広く対応できる「ベーシック」、ベーシックの内容に加えて、水災まで補償する「ワイド」の3プランがあります。カスタマイズ性は低いですが、保険料はどれも安いです。

「安心マイホーム保険」は各種割引が豊富なのも特徴です。とくにセキュリティ設備を導入しますと、保険料が大幅に割引になる「ホームセキュリティ割引」はセコムならではでしょう。

No2. 朝日火災「ホームアシスト」

保険料が安いです。家財で破損・汚損の免責金額をゼロにできます。選べるプランは4種類です。

2017年10月に改定を実施しました。保険料を大きく下げてきたほか、個人賠償責任特約の補償を手厚くするなど、内容も充実しました。

No3. 三井住友海上「GKすまいの保険 グランド」

マンションの保険料が安いです。日常生活賠償特約の補償範囲も広いです。火災などの基本補償となります。

No4. 東京海上日動「トータルアシスト 住まいの保険」

カスタマイズ性はあまりないですが、九州では安いです。火災などの基本補償となります。

No5. AIU「スイートホームプロテクション」

カスタマイズ性は高いです。補償を絞り込めばさらに安くなります。火災などの基本補償となります。

火災保険料は同じ商品でも都道府県によって異なります

札幌の保険料水準は中です。保険料の差は小さいので、汚損・破損補償の免責金額や個人賠償責任特約の補償額などで、朝日火災の「ホームアシスト」がベストでしょう。

仙台の保険料水準は低です。保険料を値下げした朝日火災ですが、この地域ではセコム損保に刃が立ちません。セコム損保の割安感は際立っています。

東京の保険料水準は低です。全体的な保険料水準が高くない東京でも、他社に比べますとセコム損保の安さは抜きんでています。

名古屋の保険料水準は中です。北海道と同じように保険料差がわずかのため、補償内容の差で朝日火災でしょう。オール電化などを導入しているのであれば、セコム損保がいいでしょう。

大阪の保険料水準は低です。朝日火災の値下げによって、前年より他社の差は縮まったものの、まだセコム損保の安さは際立ちます。

博多の保険料水準は高です。福岡県はもともと東京海上日動が割安だった地域ですが、朝日火災が保険料を改定したことにより、勢力図が変わりました。博多は朝日火災に軍配が上がります。

同じ日本の中でも、エリアによって災害リスクは異なります。そのため、火災保険は都道府県ごとに設定されているのです。

つまり、同じ保険商品や内容であっても、加入する地域が異なれば、保険料が変わってきます。そうなりますと、地域によってベスト商品も異なってくるでしょう。