個人賠償責任保険で台風など自然災害や高額損害賠償請求に備えたい

スポンサーリンク

思わぬ損害賠償に備えたい

風呂のお湯を止め忘れて、階下の部屋に水漏れの損害を与えた、自転車を運転していて、他人にケガを負わせてしまった、飼い犬が他人にかみついてケガを負わせてしまったなど、思わぬ損害に備えるのが個人賠償責任保険です。

「そのときはそのときだ」などと考えていると痛い目にあいます。そうならないよう、可能な限り高い保険金額を確保したいものです。

損害賠償請求は予測不能です。数千万円を超える賠償請求は家計への大ダメージになります。たとえば認知症で責任能力がない場合、監督責任を負う親族に損害賠償請求されることもあります。個人賠償責任保険は高額賠償に備えた保険金額を設定しています。ちなみに、保険料は年数千万円程度です。

必要な保険とは

家計に経済的ダメージを与える可能性があるのは損害賠償です。損害を他人に与えて法律的に損害賠償責任を追うことになると、数千万円といった超高額の損害賠償責任を受ける可能性もあります。このような事故は事前に予測しようがないのです。

前述で述べましたが、誤って水漏れをおこしてしまい、下の部屋に被害を与え、修理代を請求されるケース、ペットが他人にケガを負わせる、自転車で事故を起こし治療代を請求されるケース、火災で近隣の家に被害を及ぼし、被害弁償を請求されるケースなどの賠償請求が実際に起こっています。

高齢化が進むなか、認知症などで加害者に責任能力がない場合、法律上、本人は損害賠償責任を問われることはありませんが、監督義務を負う親族などに請求される場合があります。

2025年には認知症の患者が700万人に達すると予想されます。5人に1人の高齢者です。決して他人事ではない、たいへんな人数なのです。予期せぬ事故で数千万円を超える賠償金の負担は過酷です。

このようなときのために備えるのが個人賠償責任保険です。

通常の生活で、他人のものを壊してしまったり、ケガを負わせてしまうなど、損害賠償責任を負ったとき、弁護士費用もしかり、被害者に支払う損害賠償金をカバーします。

また示談代行サービスが付属した商品もあります。これは事故後の被害者との示談交渉を保険会社が代行します。

示談代行サービスを契約する方法は、損害保険、火災保険、自動車保険などの各種共済などに、特約として付加するのが一般的です。あなたも忘れているだけで、実は加入済みといったケースもありますので、一度ちゃんと確認することをオススメいたします。会員向けのサービスとして、クレジットカードでも保険を提供していることがあります。とにかく、確認してください!

契約した保険金額の上限が補償範囲となります。高額賠償に対応できるよう、「一億円」や「無制限」といった設定をオススメします。その保険料は年間、約数千円程度で済みます。これで一家をカバーできるハズです! ただし、家族をカバーできる範囲は契約商品により異なりますので、注意が必要となります。

たとえば、同居家族に加え下宿の人が起こしてしまった事故もカバーできる損害賠償請求や、高齢の親が事故を起こして、別居中の子に損害賠償金請求が発生した場合を補償するものもでてきています。確実にカバーするため、一家で契約することをオススメします。