がん保険-アフラックやチューリッヒなど,目覚ましい進化のランキング10

スポンサーリンク

がん保険

がん保険の進化は目覚ましい。治療法の進化とともにがん保険も進化。

がん保険はがんの保障に特化した医療保険の一種です。

診断・入院・手術・退院後の、通院の保障をセットにした、一般的な商品もある一方、新しい保険を盛り込んだ、進化形の商品も多く登場しています。

がんの治療は日々進化しており、最近は手術・抗がん剤(ホルモン剤を含む)・放射線の三大治療を、効果的に組み合わせる集学的治療が、主流をとなっています。

こうしたがん治療の進化に合わせて、がん保険の保障内容も進化しているのです。

進化形のがん保険の特徴は、一時金が充実したことと、入院・通院は問わず、治療法で給付されることです。

初回の診断給付金は、診断確定で入院は問わない商品がほとんどですが、上皮がんは、同額の商品と差をつけている商品に分かれています。

2回目以降の複数回支払いは、主契約に組み込まれている商品と、特約扱いの商品があります。

給付の間隔は2年経過後の商品が多いですが、1年ででる商品もあります。また2回目以降は入院が条件の商品もあります。給付回数は無制限と通算5回と、決まっている商品があります。

一般的ながん保険は、診断給付金はともかく、その他の保障は入院することが条件です。しかし、最近の三大治療は、通院のみで行われることが多く、一般的ながん保険では給付対象になりません。

その点、進化形のがん保険は、入院・通院は問わず、治療法を給付条件にしています。

そのほか、がん以外の特定の生活習慣病で、所定の状態になると一時金がでる、また、70歳までに払った保険料の全額が戻る、自由診療でも、全額を実費で支払うなどの変わり種もあります。

ランキングに入ったがん保険は、進化形で占められました。

がん保険ランキング

No1 終身ガン治療保険プレミアム(チューリッヒ生命)

  • 30才男性 3210円
  • 40才男性 4250円
  • 50才男性 6210円

主契約は、がん治療を直接の目的として、抗がん剤・ホルモン剤・放射線の治療を受けると月ごとに給付金が受け取れます。

現在のがん治療は、通院による治療が主流であり、これらを保障する新しいタイプのがん保険といえます。

特約が豊富なのも特徴です。

がん診断・入院・手術・通院・先進医療・緩和治療・がん診断後、ストレス性疾病に対する給付金・悪性新生物保険料払込免除があります。

がん診断後、ストレス性疾病給付金は、がんと診断確定後、5年以内で所定のストレス性疾病と診断されたとき、1回のみ、5万円または10万円が受け取れます。

No2 ガードエックス(メットライフ生命)

  • 30才男性 2083円
  • 40才男性 3156円
  • 50才男性 4799円

がんと診断確定され、手術・抗がん剤治療・放射線治療の三大治療のいずれかを受けたとき、または、ステージⅣと診断され、入院または通院したときに、まとまった給付金が受け取れます。

給付金は、1年に一回、通算5回まで受け取れます。

この基本保障に加えて、がん診断保障・がん先進医療保険・がん入院保障・特定の女性がん手術保障・保険料払込免除の5つのオプションから、ニーズにあったがん保険を組み立てることができます。

No3 スマイルセブン(朝日生命)

  • 30才男性 1830円
  • 40才男性 2780円
  • 50才男性 4240円

がん、急性心筋梗塞、拡張型心筋症、脳卒中、脳動脈瘤、慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患で所定の状態になった場合、まとまった一時金が受け取れます。

一時金は、前回の受け取りから、2年経過した日の翌日以降であれば、回数無制限で何度でも受け取れます。

がんは診断確定、急性心筋梗塞・拡張型心筋症、脳卒中は、治療のための入院開始、または、手術で支払い対象となり、発病後の早いタイミングで受け取れる点が心強いでしょう。

七大疾病初回一時金、先進医療、保険料払込免除の特約を付けることができます。

No4 がんベスト・ゴールドα(AIG富士生命)

  • 30才男性 2000円
  • 40才男性 2852円
  • 50才男性 4243円

がん診断給付金に特化したがん保険です。

主契約と悪性新生物初回診断一時金を合わせて、初回給付金300万円まで契約できます。

2年ごとの給付条件は、2年経過後に再発・転移だけではなく、通院や継続治療中でも再給付されます。また、給付回数の制限もありません。

T-PECも付き、安心です。

No5 がん保険ビリーブ(オリックス生命)

  • 30才男性 2480円
  • 40才男性 3610円
  • 50才男性 5400円

初めてがん診断確定したときは、1回のみ、がん初回診断一時金、2年に1回、治療目的で入院すると、がん治療給付金がプラスされます。

入院すると、治療給付金とは別に、日数分の入院給付金が受け取れます。ほかに手術、退院の保障もあります。

通院と先進医療の特約付帯(ふたい)が可能です。

No6 がん診断保険R(東京海上日動あんしん生命)

  • 30才男性 3565円
  • 40才男性 5349円
  • 50才男性 8639円

70歳までに診断給付金を受け取らないと、それまで支払った保険料全額が戻ってきます。受け取っても差額が戻ってきます。

70歳以降は、保険料を払えば保障は継続します。

診断給付金は、2年に1回を限度に、回数無制限で何度でも受け取れます。入院、手術、通院、先進医療の特約を付けることができます。

No7 自由診療保険メディコム(セコム損保)

  • 30才男性 1430円
  • 40才男性 1930円
  • 50才男性 4460円

3年に1回、がんと診断確定されると、診断一時金を受け取れるうえ、公的健康保険診療でも自由診療でも、かかった治療の全額を保障するがん保険です。

したがって、入院でも通院でも先進医療を含めて、どのような治療を受けても、お金の心配なく治療に専念できるのです。

No8 新・生きるためのがん保険Days(アフラック)

  • 30才男性 2870円
  • 40才男性 4310円
  • 50才男性 6990円

初めてがんと診断確定されると、診断給付金が受け取れ、治療目的で入院すると入院給付金が受け取れます。

三大治療(手術・放射線・抗がん剤)のための通院には、通院給付金のほかに、それぞれの治療費も受け取れます。

診断給付金複数回支払い、先進医療の特約を付けることができます。

No9 がん治療支援保険NEO(東京海上日動あんしん生命)

  • 30才男性 2371円
  • 40才男性 3508円
  • 50才男性 6221円

2年に1回限度で、初めてがんと診断確定されると、診断給付金が受け取れます。

そのほか、入院、手術、放射線治療、抗がん剤治療、通院で給付金が受け取れます。

対象となる抗がん剤の範囲が広いです。

先進医療、保険料払込免除の特約・特則も付けられます。

No10 勇気のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)

  • 30才男性 2814円
  • 40才男性 4114円
  • 50才男性 6407円

2年に1回限度に無制限で、がん診断給付金、入院給付金、手術給付金、外来治療給付金のベーシックは保険をセット。

外来治療給付金は、通院だけではなく往診も対象になります。

特約で、がんによる先進医療の保障を付けられます。

終身払いと60歳までの短期払いもあります。

詳しく知りたい場合には保険相談を利用しましょう。あなたのお役に立つファイナンシャルプランナーはきっと見つかります。

icon-hand-o-down  保険の相談(一覧)はここで、できます。

保険の相談はここにお任せ 納得いく保険選び
できるだけ安い保険料で手厚い保障が欲しい、将来のことを考えると不安になる、保険の種類が多すぎて保険のことがよく分からない場合のファイナンシャル・プランニング一覧、株式会社ティー・フィック、ほけんのFP、SBIホールディングス株式会社、保険マンモス株式会社、株式会社アロッツ、株式会社ディノス・セシール、株式会社イッカツ。