数百円で使えるカード限定保険。ワンコインで日常生活のリスクに備える

スポンサーリンク

数百円で使えるカード限定保険

ワンコインで日常生活のリスクに備える

クレジットカードというと、ポイント還元の高さに目が行きがちですが、実は保険も重要な機能のひとつです。代表的なものでは、旅行中のけがや病気、盗難などが補償される、旅行傷害保険です。カードで購入した商品の破損や盗難を一定期間補償するものもあります。

これらは一般的なカードに付帯する機能ですが、それだけではありません。実は数百円の追加料金を支払うだけで、日常生活のアクシデントもカバーできるのです。

主要なカード会社は会員限定で、少額の入院・通院補償、携行品の盗難・破損補償などが用意されています。

特に有用なのは個人賠償責任保険(個賠)です。他人に対してけがをさせた場合などの損害賠償に使えて、多くの場合で示談交渉も保険会社に任せられます。保険金額は最高1億円程度と高く、大抵のトラブルには対応できます。

個賠

個賠は実際に使われるケースはまれですので、保険料は月100円程度と安価です。従って安すぎて単品では売れないため、自動車保険や火災保険の特約として申し込むのが一般的です。しかし、カード会員であれば、クルマや自宅を持っていなくても個賠だけに加入することができます。

自動車保険もコンビニなどで加入するよりも、カード会社経由のほうが割安になるケースもあります。たとえば、JCBカード会員向けの「JCBトッピング保険 自動車プラン」であれば、月に280円で家族全員が補償対象となります。

カード会社が保険料の安い商品を販売できるのは、募集や集金にかかるコストを抑えられるためです。保険会社が加入者と直接契約するのではなく、カード会社が保険契約者となって、会員向けに加入者を募り、集金も行う団体保険の仕組みを利用しています。

生命保険や医療保険でも団体保険は多くのファイナンシャルプランナーが勤務先にあるのであれば、まず検討すべきと薦めているお宝保険なのです。カード会社のように勤務先以外でも加入できるケースもあります。

会社に団体保険がない場合は、まず労働組合を当たってみるとよいでしょう。ファイナンシャルプランナーが薦めるのは、電機連合や基幹労連など、複数の企業の労働組合が加盟する組織が運営している共済です。業界内で合併があったり、転職した際も継続できて保険のポータビリティーに優れています。

組織に属さない自営業者にも手があります。付き合いのある税理士を通じて、全国税理士共栄会の準会員になれば、団体保険に入れます。また、生活協同組合も独自の共済商品のコープ共済だけではなく、がん保険や傷害保険など、民間の保険会社と組んだ団体保険も取りそろえています。最近ではANAがマイレージ会員向けに保険の提供を始めるなど、意外なところにも割安な商品は眠っています。

語句

ポータビリティー……転職時に、それまで積み立てた年金資産を転職先の年金や個人型年金に移換できること。