保険で貯蓄性を重視するなら返戻率に注目し、決まった時期に備えたい

スポンサーリンク

決まった時期に備えるのであれば、貯蓄性保険を検討したい

保険加入の目的のひとつとして貯蓄があります。養老保険は貯蓄のための保険ですが、子どもの教育資金を貯めるための学資保険もそのひとつです。子どもの教育費はまとまった金額が必要な時期が分かっているので、早いうちから備えるにこしたことはありません。

学資保険は、一番教育費のかかる大学進学時などに満期を迎えるように設計されています。中には中学校や高校入学時に祝金がもらえるのもあります。計画的に貯蓄するのが苦手な人にとっては、保険料といった形でお金を積み立てることで、必要なときまでに確実に教育費の準備ができますのでオススメです。

たとえば祖父母の契約者に万が一のことがあった場合には、以後の保険料の支払いが不要になったり、育英年金付のタイプも選択できるなど、親の死亡保険が付いているのもメリットのひとつです。

貯蓄性を重視するなら返戻率に注目しましょう

加入するときは、その学資保険のおトク度がわかる返戻率をチェックするのがポイントとなります。返戻率は払込保険料の総額に対して、受け取れる給付金総額がどれくらいになるかの指標となります。返戻率は下記で計算できますので確認しましょう。

受取額合計(万円) + 払込保険料の総額 (万円)× 100 = 返戻率(%)

返戻率が100%以上で数値が大きいほど貯蓄性が高いです。100%以下の場合は元本割れとなります。注意してください。

契約者と子どもの年齢が若い場合は保険料が安くなります。毎月の負担を少なくしたいのであれば、なるべく早めに検討して、子どもが生まれたらすぐに加入したほうがよいでしょう。商品によっては妊娠中に加入できるものもあります。

学資保険の中には保障を重視したタイプもあり、貯蓄を重視したタイプよりも貯蓄性が劣ってしまいますので、保障内容をしっかり検討してください。また、10才払済など払込期間を短くできるタイプもあります。子どもが小さいうちに仕込んでおくのもひとつの手です。