収入保障保険のランキング掲載【定期保険や終身保険よりも安い】

スポンサーリンク

収入保障保険

死亡保障を最も低コストで得られる。また、死亡保険以外の保険にも注目。

残された家族に、一時的に死亡保険金が支払われる保険が、収入保障保険です。

保険期間と保険金額が同じ商品で比べると、定期保険や終身保険よりも、保険料が割安になります。

理由として、収入保障保険の保険金受け取り総額は、ピークが契約時で、一生で必要な生活費が下がっていくのに合わせて、年々下がっていくからです。

健康体割引や、ノンスモーカー割引のリスク細分料率を導入した商品が、最近は増えていたり、三大疾病、五大疾病、ケガ、要介護による障害などの保障がセットされているか、セットできる商品が増えています。

いわゆる就業不能にも備えられる商品であるということです。

ただ、どんな状態、または、病気を保障するか、特約付帯か、保険金の最低支払保証期間は2年、5年、保険期間満了までなどと、内容は商品ごとに異なります。

あなたの状態に合わせ保険金とのバランスで選択しましょう。

就業不能として専用商品がいくつかあります。

シンプルに収入保障保険は死亡保障だけ、または、就業不能は専用商品で対処する、といった考え方も選択のひとつです。

収入保障保険の保険金の受け取りは3パターンあり、毎月を基本として、一括受け取り、一括受け取りと毎月受け取りの組み合わせから選択できます。

基準として、毎月受け取りで保険金受け取り、総額は計算します。一括受け取り、一部受け取りは、保険会社が得る運用益分を、差し引かれるため金額は少なくなります。

死亡保険金は、受け取り方法によって、税金の種類が変わります。そのため万一の際には、受け取り方法を、プロに相談するのがよいでしょう。

ランキングには、就業不能保障の機能が付加された商品、リスク細分料率を導入した商品が、半分以上占めています。

収入保障保険ランキング

No1 家族のお守り(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)

  • 30才男性 4580円
  • 40才男性 5080円
  • 50才男性 5900円

非喫煙者で、健康状態や体格と血圧値などが、基準を満たせば、リスク細分料率が適用されます。

非喫煙者健康体保険料率に該当すると、標準の人と比べ、保険料がおよそ30パーセントの割安となります。

また、だんだん減(保険料が、5年ごとに5パーセントずつ、減少していく支払いかた)を選択すると、保険料の負担は5年ごとに軽くなっていきます。

むろん、保険料が、払込期間を通して、一定の支払い方法も選択可能。

三大疾病で所定の状態になると、2年間年金が支払われる特約や、保険料払込免除特約が付けられ、三大疾病に手厚く備えられます。

No2 キープ(オリックス生命)

  • 30才男性 5680円
  • 40才男性 6740円
  • 50才男性 7320円

もともと割安の保険料なので、リスク細分料率はなく、たばこを吸う人には、強い味方といえるでしょう。

大学時代に、子供の養育費がかさみがちになり、この時期の保険料を、上乗せできる年金月額上乗特約を付けられるのが特徴。

この特約の年金支払い期間は、5年と10年から選択でき、年齢や子供の人数に合わせて、最大3つまで付加が可能。

ほかに、リビング・ニーズ、災害割増と傷害の特約が付けられます。

特定疾病保険料払込免除特則を付けると、三大疾病で所定の状態になると、以後の保険料の払込は免除となります。

No3 &LIFE総合収入保障保険(三井住友海上あいおい生命)

  • 30才男性 8490円
  • 40才男性 1万137円
  • 50才男性 1万805円

高度障害状態や、死亡したときにはもちろんのこと、要介護や、所定の特定障害になったときにも、生活資金(年金)が毎月支払われます。

要するに、就業不能の備えも兼ねられるということです。

年金支払いの事由が生じたときは、以後保険料の支払いは免除。

また、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病で、所定の状態になったときも、以後の保険料の支払いは免除。

無事故給付金あり、なしなどの保障タイプを選択できます。

たばこを吸わないなどの基準を満たすと、健康優良体割引特約が付けられ、保険料が割引されます。

No4 家計保険定期保険(東京海上日動あんしん生命)

  • 30才男性 6540円
  • 40才男性 8040円
  • 50才男性 1万1040円

魅力な点として、高度障害保障や死亡のほか、所定の要介護状態や、がん、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全の五疾病により給付となる就業不能保障プランもあります。

死亡保障だけではなく、就業不能となったときの保障も、兼ね備えられるのです。

No5 収入保障保険プレミアム(チューリッヒ生命)

  • 30才男性 4400円
  • 40才男性 4860円
  • 50才男性 5660円

ストレス性疾病保障付就業不能保障特約をつけると、がん、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全の、五疾病と事故による身体障害、所定のストレス性疾病も保障されます。

血圧が基準値を満たし、たばこを吸わない人は、非喫煙優良体型に区分されて、保険料が割安となります。

No6 収入保障保険マイディアレスト(メットライフ生命)

  • 30才男性 5160円
  • 40才男性 5900円
  • 50才男性 5980円

非喫煙保険料率が適用されるノンスモーカーは、保険料が割安。

シンプルな基本コースや、祝い金付コース、三大疾病の保障が厚いコースなど、5コースの保障内容から、ニーズに合った保障を選択できます。

三大疾病の保障付は、保険料払込免除もセット。

No7 メディフィット収入保障(メディケア損保)

  • 30才男性 4490円
  • 40才男性 5072円
  • 50才男性 5312円

非喫煙者は保険料が安くなります。

また、BMI(体格)と血圧値が所定の基準を満たすと、さらに安くなります。

急性心筋梗塞・脳卒中、上皮内がんが対象のがんは、治療目的の手術で対象になるなど、三大疾病保険料払込免除特約の範囲が広い点が特徴となります。

No8 家族収入保険無配当(ソニー生命)

  • 30才男性 5060円
  • 40才男性 5740円
  • 50才男性 6240円

特定傷害状態や、所定の要介護状態の保障を得られる、生活保障特則14を付けることで、就労不能にも備えられます。

喫煙の有無や健康状態、体格・血圧値などの基準を満たすと、優良体・非喫煙者割引特則が付けられ、保険料が安くなります。

No9 こだわり収入保障(マニュライフ生命)

  • 30才男性 4660円
  • 40才男性 5280円
  • 50才男性 5920円

血圧値が基準を満たすと、優良体保険料率、たばこを吸わなければ、非喫煙者保険料率が適用されるといった、2段階で保険料が安くなります。

特約を付け、三大疾病で所定の状態になると、以後の保険料が免除。

No10 さいふにやさしい収入保障(AGI富士生命)

  • 30才男性 4740円
  • 40才男性 5600円
  • 50才男性 6380円

喫煙の有無、体格や血圧値が基準を満たすと、非喫煙者優良体保険料率または、優良体保険料率に該当し、保険料が割引。

レスキューパックで、AGI富士生命健康サービスが利用できます。また、三大疾病保険料払込免除特約が付けられます。