保険の保障は適した保険に増減できます。保障は減らしたり増やしたり

スポンサーリンク

保険の保障は減らしたり増やしたりできるのでしょうか

就職、結婚、マイホームの購入、子どもの誕生、転職、子どもの独立、定年退職など、人生には節目節目のライフイベントがいくつかあります。保険もその都度、ライフステージが変われば見直しが必要となります。

保険に加入した後でも、そのときどきでの、自分に必要な保険を増やしたり減らしたりすることは、可能です。

適した保険に増減できる

もしも、いつどんなときに、保険金がいくら受け取れるかを把握できていない場合、保険証書ですぐにチェックしてください。

現状のあなたに必要な保障額と比べて過不足があれば、保障額変更した方がよいでしょう。

死亡保険のための特約(定期保険特約が代表的)を増減する場合、告知が必要となります。減らしたい場合、多すぎる分は、特約を減額したり、一部解約をします。

適正な額の保険に入り直して、現在入っている保険をやめるといった選択もあります。その場合、必ず新しく加入した保険の保障が開始されたのをしっかりと確認して、現在の保険の解約手続きをするようにしてください。