実費保障の医療保険に注目、意外と重い3割負担の医療費を全額保障

スポンサーリンク

医療費の3割負担を全額保障

医療費の3割負担は意外と重い

一般的な医療保険の入院日額タイプの保険は、1日の入院の保険金が支払われます。しかし、最近は入院日数が短くなっていますので、実費保険タイプの医療保険が増えてきています。

実費保障では、医療費の3割自己負担分が、そのまま保険金で支払われるため、実際に、入院時にかかった費用が、全て保障されることになります。

今年1月に販売を始めた「ZiPPi<ジッピ>」(ソニー損害保険)は、自己負担分の基本保障に加え、先進医療や、差額ベッド代などのオプションを備えることができます。

どれも終身ではなく、5年や10年などの定期保険ですので、保険料は割安となっています。

40~50代などでは、子どもの教育費がかさみます。そのため、保険料を安くしたいけれど、万が一の保障は手厚くしたい、と考えている人に向いています。

公的保障である高額医療費制度との兼ね合いも視野に入れ、ご自身のニーズにあった保険を検討したいものです。

商品名保険会社特徴発売時期
ZiPPi<ジッピ>ソニー損害保険インターネット専用商品。差額ベッド代も条件付きで保障。2017年1月
ネオdeちりょうネオファースト生命保険外来手術も保障。満期までに給付金の支払われる入院がなければ、無事故給付金がもらえる。2016年3月
じぶんへの保険プラスライフネット生命保険入院前後の一定期間は外来医療費も実費の半額を負担。がん診断・治療で一時金が出る。2012年10月
みんなの保険2富士火災海上保険入院諸費用保険金の基本保障で差額ベッド代、ホームヘルパー費用などを保障。2010年12月