【医療保険 ランキング掲載】比較一覧でがんにも備える納得の選択

スポンサーリンク

医療保険

保障内容と告知項目の違いを比較して選択する、持病がある人向けの医療保険。一般の医療保険には、健康上の理由で加入できない人ほど、医療保険の必要性を痛感していると思われます。そのような人のために、引受基準を緩和した、医療保険が定着しつつあります。

引受基準緩和型医療保険とは、持病で投薬治療を受けている、入院や退院、または手術を受けてから時間が経っていないなどで、一般の医療保険に入れない人向けの医療保険です。

保険会社が、告知項目の数を、3~6程度に簡素化することで、緩くして、契約を引き受けるかどうかの基準を決めます。

共通している商品の仕組みとしては、引受基準が緩いだけに、保険料が割高なことと、加入後の1年間の保障額は、50パーセントに減額されることです。

ただし、各社ごとに保険料を設定しているので、各商品ごとに微妙に違っています。

告知項目の内容と数は、各保険会社で違いますが、共通して聞かれるのは、過去5年以内に、がんや肝硬変などで入院経験がないか、最後の入院や手術から、何年経過しているかの入院歴、3ヶ月以内に医師や病院から入院、手術、または検査をすすめられていないか、などです。

入院歴の確認は、2年が一般的ですが、1年と短い商品もあります。

最近のラインナップでは、特約が増え、充実した保障内容の傾向が強まっています。

たとえば、短期入院でも、一時金が受け取れる特約や、三大疾病で所定の状態になると、一時金が受け取れる特約、三大疾病、七大疾病の入院を手厚くする特約があります。

また、加入してから5年間、入院給付金が支払われる入院が5日未満だと、以後の保険料が割引になる、健康割引を導入した、新タイプの保険も登場しました。

基本保険がシンプルで、特約で保障を充実できる商品や、新しいタイプの保険が、ランキングに入っています。

そもそも、保険料が割高の引受基準緩和型医療保険は、特約を付けて保障を充実させると、保険料がさらに高くなってしまいます。

負担できる保険料とのバランスで商品を選択しましょう。

医療保険ランキング

No1 医療保険 新キュア・サポート(オリックス生命)

  • 30才男性 2910円
  • 40才男性 3675円
  • 50才男性 4760円

告知項目の4つすべてが、いいえ、であれば申し込めます。

七大生活習慣病による入院は、支払い日数が拡大し、なかでも三大疾病は、無制限と手厚いです。

また、がん一時金、重度三疾病一時金の特約が付けられ、がん、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の状態になると、一時金が受け取れます。

死亡保障も、必要があれば、終身保険特約もあります。

No2 フレキシィゴールド(メットライフ生命)

  • 30才男性 3120円
  • 40才男性 3625円
  • 50才男性 4310円

3つの告知項目で、比較的加入しやすい商品です。

がん一時金コースは5つ。

特に入院、手術は過去1年で、最も緩和されています。

先進医療、入院、手術の基本保障に、必要に応じて通院、骨折一時金、がん一時金、三疾病入院延長の4種類のオプションが選択できます。

三疾病入院延長コースは、心疾患、脳血管疾患、がんによる支払い日数が無制限。

No3 ネオdeいりょう健康プロモート(ネオファースト生命)

  • 30才男性 2460円
  • 40才男性 2725円
  • 50才男性 3200円

3つの告知項目が、全ていいえであれば加入できます。

契約日から5年間、入院給付金の支払われる入院日数が、継続5日未満であれば、健康割引特則が適用されて、以後の保険料が割引に。

健康割引が適用される、緩和型医療保険は業界初。

主契約は入院で、先進医療、手術、入院一時金などの特約から、自分に合う保険を選択できます。

No4 新・健康お守りハート(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)

  • 30才男性 3030円
  • 40才男性 3600円
  • 50才男性 4270円

3つの告知項目が、全ていいえであれば加入できます。

4つの項目も、全ていいえであれば、オプションを付けられます。

基本保険は、先進医療、手術、入院です。オプションは、保険料払込免除の特約と、三大疾病による入院を無制限にする特約があります。

No5 スマイルメディカルワイド(朝日生命)

  • 30才男性 2190円
  • 40才男性 2540円
  • 50才男性 3085円

3つの告知項目が、全ていいえであれば、終身医療保険が申し込めます。

がんによる放射線治療、入院、手術は2年以上経過した場合は、問わないので、がん罹患(りかん)経験者でも、申し込むことができます

まとまった一時金を、日帰り入院でも受け取れるのが、最大の特徴。