「iPhoneⅩ」「iPhone8」「iPhone8Plus」主要スペックはこれ!

スポンサーリンク

「iPhoneⅩ」「iPhone8」「iPhone8Plus」主要スペックはこれ!

iPhone8、iPhone8Plusの予約は9月15日から開始、発売9月22日。

iPhoneⅩの予約は10月27日から開始、発売11月3日。

価格(日本)

  • iPhoneⅩ(64GB) icon-arrow-right 112,800円。
  • iPhoneⅩ(256GB)  icon-arrow-right 129,800円。
  • iPhone8(64GB)  icon-arrow-right 78,800円。
  • Phone8Plus(256GB)  icon-arrow-right 89,800円。

※価格は税抜き価格。

8シリーズは7シリーズからか性能がアップしています。それを考慮しますと8シリーズは割安でしょう。ユーザーはこの価格に目をつけるはずです。

価格の高さは256GBのiPhoneⅩが目立ちますが、2016年9月発売のPhone8Plusの256GB版は107,800円でした。iPhoneⅩのハイスペックで税込およそ14万円は、飛び抜けて高いわけではありません。と、わたしは思っていますが、あなたは?

CPU

CPUはiPhoneⅩ、iPhone8、Phone8Plusともに、A11Bionicを搭載。7シリーズのA10よりも性能がよく、動作スピードが早いです。

コアはA10の4コアから6コアに増えています。

神経回路エンジン(ニューラルエンジン)を搭載しているため、このCPUは人工知能(AI)の動作には有効です。

電池

Ⅹのリチウムイオン電池は今までより、MAX2時間長持ちするようになりました。

充電方式

Ⅹ、8、8Plus全てワイヤレス充電が可能となります。

カメラ

Ⅹはデュアルカメラで縦型。7シリーズと8、8Plusと同じ、画素数12メガピクセルの広角カメラと望遠カメラです。ただし、動画撮影時(4K)の場合、新機種は7シリーズより性能はアップしています。カメラのイメージセンサーは、アップルによりますと、より早くより大きくなったそうです。

また、Ⅹはカメラに性能がアップした広角カメラや望遠カメラで、手ブレ補正機能が搭載されています。7と7Plusと同様、8と8Plusは単眼カメラに手ブレ補正機能。

(※7Plusはデュアルカメラで広角カメラのみに手ブレ補正機能があり、望遠カメラはオートフォーカスが付いています)

新型の売りのひとつとして、高性能化したカメラ、拡張現実(AR)が充実したことがあげられます。

スポンサーリンク


画面

Ⅹの画面は全面フルスクリーンで、有機ELディスプレイを採用。ホームボタンはありません。ほとんどの操作を画面上で行うことになります。8と8Plusはホームボタンがあります。これは7シリーズと同じです。

認証

Ⅹは顔認証(Face ID)を搭載。画面上部に顔認証用のセンサーとカメラがあります。8と8Plusは7シリーズと同じ指紋認証(Touch ID)となります。

ストレージ

ストレージは、7シリーズは32GB、128GB、256GBでしたが、8、8Plus、Ⅹ全て64GB、256GBのみとなります。

512GBのⅩが売り出されるという情報がありましたが、実現しませんでした。たぶんフラッシュメモリ不足と、価格が高くなりすぎることで、却下されたのだと思います。

その他(通信機能、ハプティックなど)

アップルは通信機能のことは触れていませんでしたが、キャリアアグリゲーション(CA)は高度化する見込みです。

(※キャリアアグリゲーションとは、複数の電波を同時に高速通信させる技術です。5波まで可能)

日本ではauが8、8Plus、Ⅹについて、4波キャリアアグリゲーションサービスを一部地域で導入の予定です。NTTドコモとソフトバンクは現在は不明。