キーワードプランナーを使うにはGoogle Adwords(Google 広告)に登録する必要がある

スポンサーリンク

キーワードプランナーを使えるようにしましょう

その前に、はじめに注意しておきますが、

Google AdwordsとAdWords Expressは別物です。

AdWords Express と AdWords のいずれのサービスでも、Google 検索や Google マップ、Google ディスプレイ ネットワーク内の関連するウェブサイトに広告を掲載することができます。広告に的確なメッセージを織り込むことで、ユーザーの関心を捉えてアピールできます。そのうえ、お取り扱いの商品やサービスに興味のありそうな検索ユーザーに絶好のタイミングで広告を表示できるようになります。なお、AdWords Express と AdWords を併用することはおすすめしません。むしろ広告管理が複雑になり、広告が競合する原因になる場合があるため、サービスを単一でご利用いただくことをおすすめします。【引用】

スマート アシスト キャンペーンを他の Google 広告キャンペーン タイプと比較する - Google 広告 ヘルプ
スマート アシスト キャンペーンや Google 広告のその他のキャンペーン タイプを使用すると、Google 検索、Google マップ、YouTube、Gmail、Google パートナ

icon-arrow-up よく読んでくださいね。

GoogleはAdwordsとAdWords Expressは別物であることを、もっと大々的に宣伝して欲しいものです。

間違えて、高額を請求された事例もあるそうですので、注意してください。これらのツールはおかしなものではありませんが、認識せずに使用すると問題が発生することもあります。

2018 年 7 月 24 日より、「Google AdWords」の名称が「Google 広告」に変わります

クレームが相当あったと思いますよ。なんで、こんなわかりにくい名称にしたのでしょうね。

でも、これで、やっとわかりやすくなりました!

以下の「Google AdWords」は「Google 広告」です!

キーワードプランナーを使用するにはGoogle Adwordsに登録する必要があります

そもそも、Google Adwordsとはなんでしょう?

Google Adwordsに登録すると、インターネットでリスティング広告ディスプレイ広告が出せます。

リスティング広告とは、Googleで検索した画面に表示される、テキスト広告のことです。 icon-arrow-down

ディスプレイ広告とは、Googleが提携しているサイトやブログに表示される、バナー広告のことです。

Google Adwordsとは、オンライン広告プログラムのことです。

では、キーワードプランナーとはなんでしょう?

キーワードプランナーを使用すると、

  • 検索キーワードのトレンドがわかる。
  • 検索キーワードの検索回数がわかる。
  • 検索キーワードの需要が多い時期がわかる。
  • 新たなキーワード候補がわかる。
  • あなたのサイトの関連性の高いキーワードがわかる。
  • 狙いたいキーワードの需要がわかる。
  • 集客効果の高いキーワードがわかる。

などが、できます。

キーワードプランナーとは、あなたが確認したいキーワードが、世間でどれだけ検索されているかを調べるツールです。

これをじょうずに活用すると、SEOに強いサイトになります。

さっそく、キーワードプランナーを使えるようにしましょう

前置きが長くてすみませんでした。登録方法を説明します。

1.Google AdWordsの公式サイトにアクセスしてください

この画面で「今すぐ開始」をクリックします。 icon-arrow-down

「今すぐ開始」をクリックしたときに、「AdWords Express」へ飛んだら、「AdWords Express を AdWords と比較」をクリックしてください。 icon-arrow-down

拡大。 icon-arrow-down

 

 

 

 

続いて、「ADWORDSに切り替える」をクリックしてください。 icon-arrow-down

2.「Google AdWordsへようこそ」の画面で、メールアドレスとウェブアドレスを入力して「続行」をクリックします

下記の画面に切り替わります。 icon-arrow-down

3.キャンペーンの予算を決めましょう

お金がかかるような設定にはしませんのでご安心を。

ここでは、1円と入力すると、「値が小さすぎます」と注意されますので、2円にしておきます。 icon-arrow-down

1円がダメで2円ならいい、という意味がよく分かりませんが……。

2円にして「保存」をクリックします。「地域」、「ネットワーク」は下記のとおりでオーケーです。 icon-arrow-down

4.次に「キーワード」を入力します

複数のキーワードを入力する際は、カンマで区切ってください」の欄にキーワードを入れて、「追加」をクリックします。15個以下ですと、次にいけませんので、これを繰り返します。メンドクセー!

入力し終わったら「保存」をクリックします。 icon-arrow-down

「保存」をクリックすると、こんな感じになります。 icon-arrow-down

難しく考えずに、どんなキーワードでも結構です。ただし、広告を出そうと思っている人は、ちゃんと考えてください。登録後でも変更は可能です。

5.お疲れさまでした、続いて「入札単価の設定」は無視して、広告を作成します

鉛筆マークをクリックして、適当に入力して結構です。メンドクセーけど、文字数の制限がありますので注意してください。「保存して次へ」をクリックします。 icon-arrow-down

広告は出しませんが、設定する必要があります。Googleのイジワル。

6.画面が切り替わり、「支払い」の入力画面になります

請求先住所の国」、「タイムゾーン」、「新規広告主様向けの特典」は、初期状態のままでOKです。ちなみに、私は「請求先住所の国」は日本、「タイムゾーン」は東京です。 icon-arrow-down

お客様情報」(名前と住所、お支払いタイプ)を入力します。これは正確に。 icon-arrow-down

入力が終わりましたら、「AdWords の利用規約に同意します。」にチェックを入れ、「保存して広告を作成」をクリックします。 icon-arrow-down

次の画面に切り替わる間に表示される、「お支払いを設定しています」の表示が恐い。 icon-arrow-down

しつこいようですが、お金がかかるような設定にはしませんので、どうぞご安心を。

7.これで、登録が完了しました

拡大。 icon-arrow-down

登録完了のメールが届いていることを確認してください。

クレジットが発生しない設定を行います

キャンペーンを停止して、料金が発生しないようにします。

1.上の画面で「管理画面を見る」(左下)をクリックしてください

表示が切り替わりましたら、「開始」をクリック。 icon-arrow-down

2.「次へ」、「次へ」とクリックしていきます

最後は「閉じる」をクリックします。見たくなければ右上の「×」をクリックしてください。 icon-arrow-down

とりあえずは、ちゃんと見ていったほうがいいかもしれません。

3.「キャンペーン」を選択してください

丸い緑のマークをクリックして「一時停止」を選択します。 icon-arrow-down

拡大。 icon-arrow-down

名称が「Campaign#1」になっていると思いますが、このままで結構です。

一停止のマークが表示されれば、料金は発生しません。 icon-arrow-down

4.これでキーワードプランナーが使えるようになりました

スパナのマークをクリックして、「キーワードプランナー」を選択します。↓

この画面に切り替わります。 icon-arrow-down

「お客様のビジネスに関する~~~」の欄に、お好みのキーワードを入力して使用します。その下の「キーワードに検索ボリューム~~~」を選択して行う方法もあります。使い方はここでは割愛いたします。

SEOを考慮して、ブログの集客や売上につなげたい、と考えているのであれば、ぜひ、キーワードプランナーを使ってみましょう!

以上です。たいへんお疲れさまでした。メンドクセー!