PICマイコン簡単プログラム入門 part1 – 電子部品や書き込み器をそろえる

マイコンを始めたいと思っているフレッシュマンへ。

電気のデの字も知らない超初心者の方でも、このブログどおりに実行すれば、マイコンをすぐに動かせるようになります。年齢関係なし、パソコンさえあれば、小さなお子様から、ご年配の方まで、誰でも、超簡単です。

文系の人にぜひ動かして欲しい!

スポンサーリンク

マイコンて何?

マイクロコンピューター(小さいパソコン)の略です。マウスや湯沸かしポット、炊飯器、リモコンの中に入っています。知識として、こんなんで十分(じゅうぶん)です。

マイコンで何をする?

マイコンを使用すれば、考えつく制御はほとんどできてしまいます。

たとえば、ゴマのように小さいスイッチを一つ押したら、どでかいメリーゴーランドがゆっくり動き出し、時間がきたらそーっと止まる。

だから、なんじゃらほい、ってな顔ですね。

時計をちゃんと動かす、USBメモリーをちゃんと動かす、音楽をちゃんと鳴らす、とか。

えー、他に……、

スイッチを押したらランプがチカチカする、別のスイッチを押したら、消える。そのあと少しして、ゆっくりと光り始める、ブザーを鳴らしながら、とか。

で、それがどうした?

で、ですよね……汗。

さっそく動かしてみましょう

頭で考えるより動きましょう。

理屈より行動が1番の近道です。アセアセ……。

部品をそろえましょう

上記の部品をそろえます。

↓秋月電子通商でも購入できます。

秋月電子通商 トップページ - 電子部品・半導体 【通販・販売】
株式会社秋月電子通商(電子部品の通販、販売)のページです

※「秋月電子通商」のリンクを記載。

■各部品

・書き込み器「PICkit3」 ※秋月で¥5,700(税込)↓

・両端ロングピンヘッダ ※秋月で「[PH-1x6SG」¥20(税込)↓

※↑わたしはこんなものを持っていましが、片方が短いので「ブレッドボード」にも「PICkit3」にも刺さりませんでしたので、抵抗の足をちょん切って使いました。↓

↑この部分です。

・ACアダプター5V電源 ※秋月で「AD-P50P200」¥580 (税込)↓

・2.1mm標準DCジャック ※秋月で「2.1mm標準DCジャック スクリュー端子台」or「JR-53」¥80 (税込)↓

・ブレッドボード EIC-801 ※秋月で「165-40-8010」¥270 (税込)↓

↑※色や梱包が異なっているかもしれません。

・ジャンパーコード(オス-オス) ※秋月で「BBJ-65」¥220(税込)↓

↑※こんな線が長短60本入っています。

・マイコンPIC18F4520 ※秋月で「PIC18F4520」¥430 (税込)↓

・セラミック発振子(セラロック)コンデンサ内蔵タイプ 4MHz ※秋月で「CSTLS4M00G53-B0」¥20 (税込)↓

↑※発振子は4MHzを使用します。発振周波数はとても重要ですが、今はどうでもよいことです。

・LED(3個必要) ※秋月で「LEBWL34A06AA00」¥10 (税込)×3個↓

↑※わたしが使用したLEDは赤色ですが、購入するものは白色です。光ればなんでもOKです。

・抵抗 680Ω(3個必要) ※秋月で「680Ω」¥20 (税込)×3個↓

・抵抗 10KΩ ※秋月で「10KΩ」¥20 (税込)↓

↓※わたしが使用した小さい抵抗(1/4W-ワット)とあなたが購入する(であろう)抵抗(3W)の大きさの違い。

小さい抵抗は(1/4W)ですと、秋月では1袋(100本)200円になります。もちろん、これでかまいませんが、80円(20円×4個)か400円(200円×2袋)の違いになります。

1/4W抵抗を1本づつ購入できるお店はありますが、全部の部品をいっぺんにそろえるには、秋月電子通商がいいような気がします。わりとお安いですし。

ということで秋月電子通商でそろえると、計7,500円程度になります。送料などをいれると、もう少しかかります。

「えーっ、こんなにタケーのかよ!」

はい、買うのやめましょうか。

イヤイヤイヤ、ぜひともそろえましょう。

なお、半田ゴテは使用しません。当初は半田ゴテを使っていましたが、ブレッドボードの登場で使わなくなりました。

半田ゴテを使うと、部屋中、ヤニのにおいが充満するので困っていました。困っていたのはわたしではありませんが。まさにこのブレッドボードの登場は小さな神のようでした。

趣味でやっていたマイコンですが、けっこう動かせるようになりましたので、お教えしたいと思ったしだいです。偉そうに。

さあ、次は実際に接続しましょう。

part2へ→