サスペンス小説 La Vie en Rose(ラヴィアンローズ) 著書、村上由佳(むらやまゆか)

スポンサーリンク

La Vie en Rose

著者プロフィール

村上由佳(むらやまゆか)

 西暦 記事
1964年生誕
立教大学卒業
1991年「いのちのうた」で環境童話コンクール大賞
1993年「天使の卵・エンジェルス・エッグ」

で小説すばる新人賞を受賞してデビュー

2003年「星々の舟」で直木賞を受賞
2009年「ダブル・ファンタジー」で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、

柴田錬三郎賞の3賞受賞

2011年「放蕩記」を執筆。母との葛藤を描いた、初めての自伝小説

その他、

200万部超の「天使」シリーズ最終章「天使の柩」、「おいしいコーヒーのいれ方」

青のフェルマータ

遥かなる水の音

すべての雲は銀の…

永遠。

天翔る

花酔ひ

もう一度デジャ・ヴ

きみのためにできること

地図のない旅

など多数あり。

長編小説、La Vie en Rose(ラヴィアンローズ)~あらすじ~

本のタイトルは、フランスのシャンソン歌手エディット・ピアフの歌った、”ばら色の人生”「La vie en rose」。

著者曰く「書いてきた中で最も恐ろしくて哀しい物語」とのこと。

他界した両親から受け継いだ庭付きの一軒家。

そこで、デザイナーの夫、藍田道彦(あいだみちひこ)と暮らす三十八才の妻、咲季子(さきこ)。

父親が庭師につくらせた、和風庭園を咲季子が受け継ぎ、見事なローズガーデンに生まれ変わる。

咲季子は花の写真や、花にまつわる文章をブログに載せていた。

料理やお菓子、アンティークの食器や家具を活かした、日々の生活の知恵や工夫などをおりまぜて載せるようになった。

道彦の撮った、わざと顔をぼかしたり、横を向いて作業する咲季子の写真を掲載するようになって、ブログの人気に火がついた。

大手出版社が目をつけ、庭仕事についての本を出版。

そのかたわら、フラワーアレンジメント教室を開く。

咲季子も知らぬうち、カリスマ主婦として名を知られるようになる。

その影で夫婦生活は順風満帆ではなかった。

ブライドが高い夫の道彦は、威厳を示すために咲季子を束縛する。

咲季子の愚鈍さや無能さをなじり、咲季子の人格を否定し、服装にまで口を出す。

門限もあり、外出する場合は、何日も前に道彦に、許可を得なくてはならない。

道彦は咲季子が秘密を持つことは決して許さない。

繰り返されるモラルハラスメントにマインドコントロールされていく。あたかも自分が無能であることを認めていってしまう。

そんな道彦の機嫌を損ねないよう、生活を強いられていた。

物語は淡々と進むかと思いきや、徐々に不穏な空気に包まれていく……。

新しい本のデザインを担当する、年下の堂本との出会いが咲季子の運命を変えていく。

男と女としてお互いに惹かれ、ついには一線を越えてしまう。

積極的な堂本に導かれ、逢瀬を重ねる咲季子。

不倫という取り返しのつかない秘密を持ってしまった。

こよなくバラを愛する咲季子は、庭の手入れは欠かさない。

大事に育てているバラを「たかが花」という道彦。

庭で作業する咲季子を盗み見る、不気味な男の影がちらつく……。

「俺に隠していることがあるだろう」

道彦の言葉に咲季子は凍り付く。

やがて物語は驚愕の展開へと急転。

バラの庭に咲季子は”それ”を埋めた……。

感想

不倫、

最悪の選択をした咲季子ですが、なぜか彼女に感情移入してしまいます。

悪いのは彼女だけれど、夫の道彦がゲスヤロウの典型的タイプだからかも知れません。

作者もそれを狙って、こんなタイプの夫にしたのだと思いますが。

まさに、「いそうだな、こんなヤツ」なのです。

一度、読んでみてください。あなたのまわりにも、いるのではないでしょうか。

私のまわりにも似たようなヤツ、いますから。いや、私じゃありませんよ。

また、登場人物の印象が一転二転するのも、見どころ(読みどころ)かもしれません。

小説すばるの2014.12から2016.3までの掲載でした。私は小説すばるを購入していましたので、連載中に読みました。

小説すばるを一年購読すると、1,000円分の図書券もらえますよ。もらえるのは、たしか最終月(1年後)だったと思います。さらに1冊分程度の割引。読むなら年間契約が絶対お得です。いや、小説すばるの回し者ではありませんよ。