毎日うんこするから便秘じゃない,1日出ないから便秘だ,というほど単純ではない

スポンサーリンク

「便秘」 – 健康を害したら食べて治す栄養学

便秘というのは、毎日うんこするから便秘ではない、また、1日うんこが出ないから便秘だ、というほど単純ではありません。

ふつう排便の頻度は、1日3回から1週間に3回といわれています。しかし、回数は単なる目安です。便秘とは通常のときと比べて、回数が少なくて、排便がつらくなっている状態をさします。2~3日排便がなくとも、不快でなければ便秘ではありません。

毎日排便があっても、気持ちが悪かったり、お腹が張ったりして排便が楽ではない、と感じるようであれば、便秘を疑いましょう。

便秘の分類は2つ

器質性

大腸にもともと病気があり、正常な働きができなくなったり、大腸の形状に異常があったり、腸管が細くなったりすることで、うんこが通りづらくなり、うんこがスムーズにできない場合。原因は腸自体の病気ですので、病院へ行って治療しましょう。

機能性

排便するときのメカニズムやうんこができるまでに、何らかの障害がある場合。原因を見極めることが重要です。急性の場合は、原因を取り除けば元に戻ります。薬の副作用が疑われるときは、薬剤師や医師に相談しましょう。機能性の場合は、便秘薬や浣腸を安易に使用しないほうがよいでしょう。

生活習慣病による機能性便秘は3つ

直腸性便秘 – 排便リズムが不規則

朝など忙しいときに便意があっても我慢してトレイに行かなかったり、仕事などで生活リズムが不規則だったりすると、便意信号が弱くなってしまい、排便のリズムも不規則になってしまいます。直腸性便秘を改善するには、便意がなくても、決まった時間に必ずトイレに行く習慣が必要です。また、朝起きたときに、コップ一杯の冷たい水を飲んで、大腸を刺激するものよいでしょう。

弛緩性便秘 – 蠕動運動(ぜんどうんどう)が弱い

運動量の少ない人は、うんこを移動させるための、大腸内の蠕動運動の力が低下してい起こる、弛緩性便秘になることがあります。弛緩性便秘になりますと、残便感を感じることがあります。日本人の便秘の3分の2は弛緩性便秘であるといわれています。

弛緩性便秘の改善には、筋力や体力を高める必要があります。ストレッチやウォーキングなどでお腹を動かすことをオススメします。また、たっぷりの水分や食物繊維を摂るようにしましょう。冷たい水や脂質の摂取で刺激するのも改善につながります。

けいれん性便秘 – 大腸の緊張

ストレスなどにより常に腸が緊張していて、蠕動運動が強くなりすぎ、下痢と便秘を繰り返します。弛緩性便秘とは逆になります。

腸への刺激を軽減させることにより、けいれん性便秘が改善します。注意として、脂質と不溶性食物繊維はオススメできません。特に水に溶けにくい大豆やごぼうなどです。食物繊維を摂るのであれば、水に溶けやすい寒天や海草などの、水溶性食物繊維がオススメです。

また、睡眠時間をたっぷりとったり、お風呂にゆっくり浸かるなど、できるだけリラックスする環境を整えるもの効果的です。

何といっても便秘は運動と食物繊維で解消

便秘の改善といえば食物繊維ですが、食物繊維には水に溶けない不溶性食物繊維(切り干し大根、おから、えのき、いんげん豆、干し柿、あずき、エリンギ、アーモンドなど)と、水に溶ける水溶性食物繊維(こんぶやわかめなど海藻類のアルギン酸、果物や野菜のペクチン、こんにゃく芋のグルコマンナンなど)があります。不溶性食物繊維は水を吸収して膨らみ、腸管を刺激して活性化させます。

水溶性食物繊維は腸内の善玉菌の栄養となり、酸の発生を促すことで悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。また、腸内の栄養分の吸収を穏やかにする作用もあり、コレステロール値を下げたり、血糖値の上昇を抑えたりする役割もあります。

ほとんど消化されない食物繊維は大腸まで到達します。そこで食べ物のカスが付着して固まることで、うんこの芯となります。従って、食物繊維が多ければ多いほど、大腸内のうんこのが増えることになります。それらが腸管を刺激して、腸の働きをよくして、便通がよくなるのです。

直腸から下りてきたうんこだけが、1回の排便です。大腸の他の部分でつくられて、直腸へ運ばれるのを待機しているうんこは、残っています。これが宿便です。従って、食物繊維を多く摂取するということは、この宿便を増やすことなのです。がんばって宿便を増やしましょう

病気などで二次的に便秘になることもあります

  • うんこに粘液や血が混ざって、うんこが細くなった。
  • 突然、便秘になった。
  • 激しい腹痛や嘔吐、発熱を伴う。お腹にしこりがある。

このような症状があったときには、必ず医師の診察が必要です。

肌のトラブル – 健康を害したら食べて治す栄養学

美しい肌。多くの女性が求めています。美しい肌は外見に直接影響します。いつまでも若々しく、キレイな自分でいるためには、肌のトラブルを予防して解決することです。

美しい肌を保つには、洗顔や化粧品、サプリメントなどいろいろありますが、ベースとなるのは、バランスのよい食事をはじめとする、健康な肉体でしょう。

体の健康状態が現れやすいのは肌です。体の中に老廃物が溜まったり、必要な栄養素がが不足しますと、たちまち肌の状態が悪化します。

肌をつくる周期は年齢とともに変化しますが、基本的には4週間で新しい肌に生まれ変わるのです。この周期をターンオーバーといいます。円滑にターンオーバーが行われれば、美しい肌の状態を保つことができます。

それには、肌の素となるたんぱく質をはじめ、ターンオーバーに必要なビタミンB群、ビタミンC群、食物繊維、亜鉛などの栄養素をちゃんとしかっり摂取することが大切です。

皮質はコラーゲンでできていますので、栄養素となるそれらが不足していれば、新しい皮膚をつくることはできません。

また、皮膚や粘膜の健康維持やコラーゲンの吸収を促進する、抗酸化作用を持つビタミンCを十分に摂取する必要があります。

ビタミンB群は神経の細胞の働きを助け、栄養素の代謝を促す補酵素として働く他に、皮膚の新陳代謝を促進する働きがあり、美肌には大切な栄養素なのです。

肌の素となる栄養素をよく嚙んで食べることが、美しい肌への第一歩

食物繊維は老廃物を排出し、腸内環境を整えますので、ターンオーバーの正常化には欠かせません。栄養素だけではなく、食事の方法にも美肌の秘訣があるのです。

それは、よく嚙んで食べることです。

嚙むことにより、唾液の分泌が促進されます。唾液には成長ホルモンのパロチンが含まれています。これは肌の艶(つや)に関係していることがわかっています。

その他注意することは、タバコです。タバコのニコチンは毛細血管への酸素供給を減らし、結構を悪くします。その結果、肌の艶がなくなり、肌が荒れてきます。

さらに、ターンオーバーに必要な、たくさんのビタミンCが失われるため、肌荒れを引き起こすのです。

肌が乾燥しないように保湿を心がけ、洗顔で皮脂が溜まらないように、また、メイクをちゃんと落とすなど外側のケアも大切です。

そのような肌のケアの効果を高めるためにも、ターンオーバーを意識した食事が基本となります。

肌は体の内側から生まれ変わります。肌が喜ぶ食事をすることで、肌のトラブルを未然に防げるのです。

語句

補酵素……ほこうそ – 酵素が蛋白質のほかに低分子の有機化合物を持つ場合、その化合物をいう。助酵素。コエンザイム。