スポンサーリンク
天候・気象

天候と季節の変化 – 秋への移行時期に現れる一時的な暑さのぶり返しが残暑

残暑の頃 8月8日頃、暦の上では、立秋以降は秋となり、それ以降の暑さでは、残暑と呼ばれます。 昨今、温暖化が叫ばれる中、立秋以降も、連日、最高気温が30℃を超えるような、真夏日に見舞われることがあります。 しかし、朝晩は涼しさを増し、...
天候・気象

天候と季節の変化 – 太平洋高気圧の勢力次第で猛暑にも冷夏にもなります

冷夏と猛暑 夏は、植物の育成を左右する季節です。 夏が夏らしい気候にならないと、順調に作物が育たず、収穫にも大きな影響がでます。 水不足や凶作をもたらす冷夏や猛暑は、太平洋高気圧とオホーツク海高気圧の、微妙なバランスの崩れで、引き起こ...
天候・気象

天候と季節の変化 – 鯨(くじら)の尾型の気圧配置になると暑い日が続く

盛夏のころ 梅雨が明けたあとの日本付近は、太平洋高気圧におおわれます。 いわゆる太平洋高気圧は、背の高い高気圧のため、安定しています。 その勢力圏内に入ると、低気圧が日本付近を通過できませんので、好天が続くことになるのです。 さらに...
天候・気象

天候と季節の変化 – 太平洋高気圧の勢力が夏の天気を左右する

夏の天気の特徴 梅雨が明けると、本格的な夏がやってきます。 日本は、地球上で最も大きな、ユーラシア大陸の東端に、太平洋を東に臨む格好で位置する地理的条件から、大陸性気団(たいりくせいきだん)と海洋性気団の、両方の影響を受ける東岸気候です...
天候・気象

天候と季節の変化 – 太平洋高気圧が前線を押し上げて梅雨が明けます

梅雨明けのころ 1ヶ月以上におよぶ梅雨は、梅雨入りの時と同じように、日本列島の南から順に明けていきます。 これは太平洋高気圧が徐々に勢力を強め、梅雨前線を北に押し上げていくためです。 梅雨明け間際には、南から吹き込む風が強まって、前線...
天候・気象

天候と季節の変化 – 梅雨には陽性と陰性があり梅雨入りから梅雨明けまで4期ある

梅雨の頃は 梅雨の時期は、毎日毎日、雨や曇天が続くことが多いですね。 一口に梅雨といっても、年によって、雨の降り方が違ったり、同年でも、梅雨の前半と後半では、タイプが変わったりすることがあります。 また、梅雨の期間は、ずっと同じ天候が...
天候・気象

天候と季節の変化 – 梅雨前線はオホーツク海高気圧と太平洋高気圧でできる

梅雨期の天気の特徴 梅雨は、春から夏にかけての時期に現れる、日本の雨季です。 むかし、中国では、梅の実が熟す頃の雨という意味があり、梅雨の文字が当てられています。 日本の1年は、春夏秋冬の四季に分かれていますが、40日前後にわたり続く...
天候・気象

天候と季節の変化 – 桜の時期に一時的な冷え込みがある

桜の開花と花冷え 春の訪れを実感させる桜の開花は、1月に開花する沖縄は別としまして、3月下旬の九州、四国の一部地域から始まり、順次北上して、5月中旬に北海道に到達します。 桜の開花は、各地の気象台が定めた、標準木が数輪開いた状態の、最初...
天候・気象

天候と季節の変化 – 菜の花がさくころに現れる春の長雨

春の長雨 - 菜種梅雨(なたねづゆ)のころ 気温が少々上昇し、過ごしやすくなる3月下旬から4月上旬あたりに、まるで梅雨のように、一時的に、雨や曇天が続く時期があります。 ちょうど、菜の花が咲く頃ですので、菜種梅雨と呼ばれることが多いです...
天候・気象

天候と季節の変化 – 太平洋側の春の大雪は南岸低気圧がもたらす

春の雪 シベリア高気圧の勢力が強く、安定している冬は、太平洋側は晴天で、日本海側は雪模様といったパターンが続きます。 春先になると、東シナ海で発生した低気圧が東進し、太平洋側でも、天気が崩れるようになります。 この東シナ海で発生する低...