ひまわり

スポンサーリンク
天候・気象

流氷はシベリアのアムール川の河口で誕生しオホーツク海沿岸に接岸

流氷は、シベリアにあるアムール川の河口で誕生し、冬の季節風に乗ってオホーツク海沿岸に接岸する 海上をただよう氷のことを流氷といい、北極や南極周辺でよく発生しているものです。 1912年4月、当時は最新鋭の豪華客船タイタニックが、...
2017.10.10
天候・気象

樹氷は、樹木に当たった過冷却水が結氷し、風上の方向に成長する

当たり前ですが、雪が降らない山は、樹氷はできません 樹氷は、シーズンになると東北地方から中国地方のスキー場や雪山、あるいは九州の中央部の山地でも見ることができます。 樹氷とは、冬の季節風が運ぶ過冷却水滴(氷点下以下に下がっている...
2017.10.10
天候・気象

太平洋側は冬になると晴れが多い

太平洋側はどうして冬は晴れが多いのでしょう? 日本の冬の気候は、大陸からの乾燥した寒気が、日本海を渡るうちに、たっぷりと水蒸気を吸収し、湿ったまま日本列島の中央部にそびえる脊梁山脈(せきりょうさんみゃく)にぶつかります。 その斜...
2017.10.10
天候・気象

小春日和とは、冬に向い、まれに現れる暖かくおだやかな陽気のこと

「春日和」は4月、「小春日和」は冬の季語。さて、小春日和とはなんでしょう? 秋が深まり、西高東低の気圧配置が現れるようになって、北西の季節風が吹く冬の陽気へと変わっていくころ、しばしば暖かな陽気に包まれることがあります。 このつ...
2017.10.10
天候・気象

西高東低とはユーラシア大陸に高気圧、東太平洋に低気圧の気圧配置

気象と天気の疑問 part53 ~西高東低の気圧配置とは?~ 日本の冬型の気圧配置で、日本列島の西側にあるユーラシア大陸にシベリア気団がつくる高気圧があり、東側の太平洋上に低気圧があるときにできる気圧配置を、西高東低と呼んでいます。 ...
2017.10.10
天候・気象

冬の季節風とは日本で西高東低の気圧配置から吹く強い北西の風のこと

気象と天気の疑問 part52 ~冬の季節風とは?~ 季節風とは、ある季節になると特定の地域で吹く風のことです。これは世界のさまざまなところで観測することができます。 日本列島はユーラシア大陸の東のはずれにあるため、年間を通じて...
2017.10.10
天候・気象

木枯らし1号とは、秋の終わりにその年に初めて吹いた北西の強風

気象と天気の疑問 part51 ~木枯らし1号とはどんなもの?~ 秋も深まり、11月に入ると、冬の訪れを感じだすころになります。おだやかな陽気が続いているときも、一時的ですが、冬型の西高東低の気圧配置になる場合があります。このころの冬...
2017.10.10
天候・気象

紅葉前線とは春の桜前線と同様、秋の紅葉の状況を知らせる予報図

気象と天気の疑問 part50 ~紅葉前線とは?~ 10月下旬ごろになると秋も深まってきます。紅葉は北海道や高い山から始まります。秋を実感させる紅葉は多くの人を引きつけるため、各地では重要な観光要素でもあります。そのためにも、全国でど...
2017.10.10
天候・気象

秋雨前線は、夏から秋へと変わる時期、2つの高気圧の境にできる

気象と天気の疑問 part49 ~秋雨前線とはなんでしょう?~ 日本列島を広くおおっていた太平洋高気圧が勢力を弱め、南の方へ後退していくのは、9月も半ば過ぎの、夏から秋へ季節が移り変わるときです。この時期、中国大陸から春の移動性高気圧...
2017.10.10
天候・気象

台風とは赤道気団熱帯低気圧が最大風速秒速34ノット以上のもの

気象と天気の疑問 part48 ~台風は知っているけど、どうなって台風になるのだろう?~ 赤道付近で熱帯低気圧から発達した台風は、夏に日本周辺に大きな災害をもたらす 赤道気団の内部で熱帯低気圧が発達して、最大風速が秒速34ノット (...
2017.10.10