上空の風は等圧線に沿って,地上風は等圧線に対して斜めに吹く

スポンサーリンク

地上と上空の風に違いがある

地上で吹く風には、地表の摩擦力と地球の自転が引き起こす、コリオリ力が作用することは、下記のサイトで解説しました。

高気圧は下流気流で発生、低気圧は上昇気流で発生する
上昇気流でできるのが低気圧、下降気流でできるのが高気圧です。南からが太平洋高気圧です。この高気圧にはどんどん大気が供給されますでの対流圏界面まで届く背の高い高気圧になります。北からの高気圧はシベリアから。放射冷却によって冷やされた大気は重くなるため下降気流となり、地上へ落ちてきて高気圧をつくります。背の低い高気圧となる

本来であれば、等高線に直角に吹くはずの風が、北半球の場合は、等高線に対して少し右にずれて、吹くことになります。

その結果、地上の低気圧に吹き込む風は、反時計回りに吹くのに対し、高気圧から吹く風は、時計回りに吹くことになります。

では、上空、高度1000メートルを超えた自由大気層では、どのように風が吹くのでしょう。

上空の風は摩擦がないので等圧線に沿って、地上風は地表と摩擦があるので等圧線に対して斜めに吹く

地上の風と大きく事情が異なります。

地表から離れ、地表の摩擦が少なくなるに従い、風は等高線に沿って吹くようにその角度をゆるめ、摩擦のない自由大気層では等高線に平行に吹くようになります。

このとき風は気圧が低い側を左にして吹きます。これを地衡風といいます。

天気図で見るように、等高線はさまざまに湾曲していますが、その場合にも上空の風は等高線に沿って吹いています。

この場合の風には遠心力も関係しており、気圧傾度力とコリオリ力と遠心力が、つり合った状態で吹いています。この風を傾度風と呼びます。

陸半球である北半球では、上空1000メートルを超える高山や高原が多いため、上空の風は非常に複雑な吹き方をします。

特にユーラシア大陸の東の端に、日本周辺ではその複雑さは顕著です。

icon-hand-o-down 高気圧から吹き出される風と低気圧に吹き込む風の流れ

語句

地衡風……ちこうふう – 水平方向の圧力勾配とコリオリの力とが釣り合っている流れ。海流や大気の大循環、海洋の中規模渦、高・低気圧に伴う大気の流れはほぼ地衡流をなす。大気中の地衡流を地衡風という。地衡流(ちこうりゅう)ともいう。