観測機器を小型気球に取り付けて大気の中層から高層を観測している

スポンサーリンク

高層の気象はどのようして調べるのでしょう

気象の変化を予想するには地上のデータだけではなく、対流圏の中層や高層の大気状態を観測する必要があります。アメダスが収拾した地上の観測データだけでは、天気予報を行うには不十分なのです。

それを補うために以前から使用されているのがラジオゾンデと呼ばれる観測機器です。

ラジオゾンデはヘリウムや水素の気球に、気温、気圧、湿度を観測する機器を取り付けたのもです。高さ約30キロメートルまで分速300メートルの速度で上昇して、大気の中層から高層の状態を観測します。

観測機器を小型気球に取り付けて、大気の中層から高層を観測しています

ラジオゾンデのなかには、レーウィンゾンデと呼ばれる風向きや風速を観測できるものもあります。

ラジオゾンデが観測結果を発信する電波を解析することにより、ラジオゾンデの位置を知ることができます。最近ではより簡単に位置を測定できるGPS機能をそなえたものが主流となっています。

ラジオゾンデは全国の気象台や測候所など16箇所から毎日2回飛ばされていますが、ラジオゾンデによる観測は日本だけではなく、世界中のおよそ1000箇所で行われています。それらが集めた気象情報はさまざまな国で共有され、それぞれの国の天気予報に活用されています。

限界高度まで上昇したラジオゾンデは、破裂してパラシュートが開き、地上へ落下します。日本では偏西風に流されて海上へ落ちることが多いために使い捨てされますが、再利用されることもあります。

語句

対流圏……大気圏の最下層。極地方では高度約八キロメートル、赤道地方では約一八キロメートルまでの大気の層で、その上は成層圏になる。日射による対流が起り、雲の発生や降雨などの気象現象が見られる。

レーウィンゾンデ……(radio wind direction finding)ラジオゾンデの一種。気圧計で高度を測定し、位置の変化から上空の風向・風速の高度分布を求める。

測候所……そっこうじょ – 気象庁に所属する地方機関。気象観測・地震観測などを行い、担当区域に天気予報・気象警報・注意報などを伝達する。