やませとはオホーツク高気圧から東北の太平洋側に吹く東風(こち)

スポンサーリンク

「やませ」ってなに?

梅雨はうっとうしい天気をもたらしますが、梅雨前線の南に太平洋高気圧、北にオホーツク海高気圧があって、この二つの高気圧が押し合っているのが、梅雨です。

太平洋高気圧の方が強くなると梅雨前線は北の方に押され、南の暖かな空気が日本に入り込み、好天となります。この様な梅雨を陽性の梅雨といいます。

一方、北側のオホーツク海高気圧の方が強くなると北からの冷たい空気に覆われるため、気温が低下し、天候がどんよりとしてきます。このような梅雨を陰性の梅雨といいます。

梅雨前線の北にあるオホーツク高気圧から東北地方の太平洋側に吹きつける東風(こち)です

陰性の梅雨は梅雨寒となることがあります。この梅雨寒が、特に太平洋側を中心とした東日本の農業に冷害など大きな被害を与えるやませ(山背)をもたらすのです。

やませとは、梅雨前線の北側のオホーツク海高気圧から吹き付けてくる湿った冷たい北東風です。東北地方の広い範囲で日照不足と低温になるため、昔から飢饉や凶作をもたらす風として恐れられてきました。

やませが夏まで続くと、最高気温が20℃程度までしか上がらないこともあります。また、海上では霧が発生するので、漁業への影響も深刻です。

しかし、同じ東北地方でありながら、日本海側ではやませの恩恵をうけることもあるのです。それは、太平洋側に吹き込んだやませが、奥羽山脈などを越えて日本海側にフェーン現象を起こすときです。このときは、日本海側では、気温の上昇と日照時間に恵まれて豊作になったりしますので、秋田などでは、やませによる東風を宝風として、民謡に唄っているところもあるのです。