夏のゲリラ豪雨は都市のヒートアイランド化により引き起こされる

スポンサーリンク

なぜゲリラ豪雨がおこるのでしょう

正式な気象用語の中に、ゲリラ豪雨の名はありません。しかし、最近は梅雨後半にかけて夏の間、特に東京や大阪の都市部では、ゲリラ豪雨と呼ぶにふさわしい集中豪雨が頻発しています。

考えられる原因としては、都会のヒートアイランド現象があげられます。かつての都市部は現在のような、コンクリートのビルディングだらけでありませんでした。緑地など土が多かった場所には現在のようなひどい豪雨は起こりませんでした。

コンクリートにおおわれた都市部では、夏の強い日射によって、局地的に強く熱せられる場所があります。そうなると、とても狭い範囲ですが、そこに強力な上昇気流が発生して、積乱雲を急速に発達させます。その結果、短時間でわずか数キロメートル四方に集中豪雨をもたらすのです。

都市のヒートアイランド化により引き起こされるゲリラ豪雨は夏に都市を襲う

都市部では下水道などに雨が集められますが、短時間のうちに集中して降った雨は下水道などで処理しきれない場合が多く、地下街などにも流れ込んで、その機能を麻痺させてしまうこともあります。

時として、このような都市型洪水は、都市機能を大規模にストップさせてしまったり、さらには、人の命さえ奪ってしまう事故となる可能性もあります。

狭い範囲で突発的に起こるゲリラ豪雨は、発生の予想がたいへん難しいのが実情ということです。民間会社も含め、ゲリラ豪雨の観測態勢をしっかりしものにしようという動きが盛んになってきています。