小春日和とは、冬に向い、まれに現れる暖かくおだやかな陽気のこと

スポンサーリンク

「春日和」は4月、「小春日和」は冬の季語。さて、小春日和とはなんでしょう?

秋が深まり、西高東低の気圧配置が現れるようになって、北西の季節風が吹く冬の陽気へと変わっていくころ、しばしば暖かな陽気に包まれることがあります。

このつかの間のおだやかな陽気を春日和といいます。小春日和がもたらされるには、2つの要因があります。

ひとつは、シベリア気団の勢力が一時的に弱まることにより、揚子江気団からの移動性高気圧が西から張りだしてくることです。

小春日和とは、冬に向かっているときに、たまに現れる暖かくおだやかな陽気のこと

揚子江気団からの高気圧は寒気をともなっていないために、日本列島は比較的おだやかな秋の陽気に逆戻りします。

しかし、シベリアから冷たい高気圧が南下してくると、日本周辺はふたたひ冬の陽気にな ります。このようなことを繰り返しながら、本格的な冬を迎えることになります。

2つ目は、西高東低の冬型の気圧配置がゆるむときです。気圧配置がゆるむとは、日本上空を南北に走る等圧線の間隔が広くなることを指します。

等圧線の間隔が広がると東西の気圧差が小さくなるので、季節風が弱まり、おだやかな陽気になります。

これは日本海上で発達する低気圧が北にずれて、その中心が北海道のはるか北にあるときにも同じで、寒気が北に移動した結果、小春日和となります。

日本の小春日和に相当する気候は世界各地にあり、アメリカではインディアン・サマーと呼ばれ、ドイツでは老婦人の夏と呼ばれています。

揚子江気団が暖かな高気圧をもたらすことによって、冬の陽気が一時ゆるむことを小春和といいます。しかし、暖かさは長続きせずに、またすぐに寒くなるので、この時期の健康管理には気をつけましよう。