農業気象学が日本で始まったのは明治時代にさかのぼる

スポンサーリンク

人間が農業を始めて以来、気象はきわめて重要なこと

農業に対して気象は決定的に重要な影響力をもっています

農業にとって気象が重要なことは、未来永劫変わりません

農家の最大の関心事は、翌日の天候と気温です。作付けから収穫までに、長い期間を必要とする農業では、予想される天候の変化内であれば問題ありません。しかし、予想と大きく異なる場合は大きな問題なのです。

農業気象学が日本で始まったのは明治時代にさかのぼる

日本の農業で、それまで、もっとも大きな被害が発生するのは、東北地方の冷害でした。

農業気象学は、冷害の被害を減らすための研究から始まりました。その後、研究範囲を大きく広げ、今では日本農業気象学会として、積極的な活動を展開しています。

東北地方の冷害もしかり、農業と気象の関係で、これまで大きな問題となるのは、農産物の低温による発育不足でした。

春の遅霜、秋の早霜などは、これからも重大な問題

最近では地球の温暖化の影響なのか、さまざまな異常気象にほんろうされることも多くなっています。

例として、最近は台風が大型化する傾向があります。

この大型台風は、これまで経験したことのないような、風力や降水量を伴ってやってきます。

台風にかぎらず、ふつうの低気圧でも、起こるようになってきているのです。

そのために収穫前のリンゴが大量に落下してしまったり、畑が水没して収穫が困難に なってしまったり、あるいは各地でビニールハウスが飛ばされてしまうというような被害が発生しています。

天候が不順で、木の実が山で十分に生育できなかったため、シカやサル、あるいはクマが、人里へ降りてきて、畑の農作物を荒らす被害も、最近よく発生している問題です。

農業と天気にまつわることわざ

  • 竹の実のなる年は凶年。
  • 月の輪は雨を呼ぶ。
  • 五月節句は降るがよい。
  • 羽アリが多くでると雨が近い。
  • 秋の稲妻千石増す。
  • 朝霧は晴れ。
  • 三日月が平らなときは雨が多い。
  • 鯉が飛び跳ねると雨になる。
  • 暑さ、寒さも彼岸まで。
  • 魚が水面にでて呼吸していると雨になる。
  • 若葉冷え。
  • 1日の雨に飽けども100日の照りに飽かぬ。
  • 蛇が木に登ると雨が降る。
  • つばめが低く飛ぶと雨が近い。
  • 梅雨のあがりの雷。
  • 朝、クモの巣がかかっていると天気がよくなる。
  • 夕日が曇れば明日は雨。
  • 女の腕まくりと春の雪はたまげたものではない。
  • 朝雨は晴れることが多い。
  • 秋のタ焼け鎌を研げ。
  • 吹雪の強い日に、雪が玉となってころがる年は豊作。
  • 天の川に雲なければそれから10日は雨がない。
  • 冬、山に霧多きは大雪の兆。
  • 雷がはげしく鳴るときはのち晴れ。
  • 1月2月降雪なければ晩霜多し。
  • 煙がたなびけば天気が悪い、まっすぐ上れば天気よし。
  • 梅の花上向きに咲く年は晩霜あり。
  • 星が繁くまたたくと風が強くなる。
  • 煙が東にたなびけば晴れる
  • 虫が低く飛ぶのは風の兆。
  • 夏の入道雲は晴れ。
  • 春の東風、石仏もやせる。
  • 春は海から、秋は山から。
  • 青いタ焼けは大風となる。
  • 大根の根が長い年は寒い。
  • カ二が縁の下に入ると雨になる。
  • ウン力は台風の連れ子。
  • カ工ルが家の中に入ったり、木に登ると大雨。
  • 麦の刈り取り三日なし。
  • 冬期井戸水が枯れるとその年は干害あり。
  • 雲の早く走るときは天気が悪くなる。
  • 煙が外へでないときは雨。
  • 日没後西方に雲なきはあす晴天。
  • 東が曇れば風となり、西が曇れば雪となる。
  • フクロウの宵鳴き、糊すって待て。
  • 秋の夜冴えは雨となる。
  • 朝雷は川越すな。
  • 朝焼けは三日ともたぬ。
  • 地震のある前は無風で蒸し暑く、特に西焼けがはなはだしい。
  • アマガ工ルが鳴くと雨。
  • 蟻の行列、雨予報。