地球の温暖化で気象現象が過激になりさまざまな悪影響が予想される

スポンサーリンク

超大型台風は大きな勢力を保ったまま日本列島を駆け抜けていく

昨今の超大型台風は異常気象を象徴するような、強烈な雨と風で各地に大きな被害をもたらします。

その理由を考えると地球の温暖化にたどりつきます。

これまでは、赤道付近で発生した台風は北上しながら、その勢力を弱めていきました。理由は、海水の温度が少しずつ低下するため、台風のエネルギーである水蒸気の供給が減っていくからです。

中緯度にある日本周辺まで北上してくると、水蒸気の補給も少なくなるので台風は勢力を弱めて消えていきます。

しかし、最近では、東日本の太平洋沿岸から日本海沿岸までかなりの範囲で、夏の海水の温度が25度以上という高い状態が続くため、強い勢力を保ったままの台風が日本にやってきて、大きな被害をもたらすようになっています。

日本近海の海水温がなぜ高くなっているのか?

これは、地球全体が暖かくなっているためです。

なぜ、地球全体が暖かくなっているのかといえば、私たちが日常生活や経済活動で排出している二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスが、本来なら宇宙空間へ逃げていくはずの地球放射を、宇宙へ逃がさずに地表へ跳ね返してしまい、地球大気の中に封じ込めてしまうからです。

地球全体では、この100年間の平均気温が0.7度上昇しましたが、これによって南極や北極では氷、シベリアやアラスカでは永久凍土、ヒマラヤなどの高山では氷河が溶け始めています。もはや永久凍土ではありません。

南極やグリーンランドの氷が溶けると海面の水位が上昇するため、南太平洋に浮かぶ島国では水没の危機が叫ばれています。

地球の温暖化は、農業生産や野生生物の絶滅など、きわめて広い範囲で生物の生態系に大きな影響を与えるため、細心の注意と監視が必要なのです。