酸性雨は硫黄酸化物と窒素酸化物により酸性化し悪影響をもたらす雨

スポンサーリンク

酸性雨は強い酸性のせいで、木を枯らし、コンクリートや金属などを溶かしてしまうことがある

酸性雨は、我々が排出する窒素酸化物と硫黄酸化物により酸性化し、いろいろな悪影響をもたらす雨です。

人の健康にも大きな被害を与えますので、呼吸器疾患などの原因にもなっています。

通常の雨はpHが6程度で弱酸性ですが、pHが5.6を下回ったものを酸性雨という

酸性の度合いはpH(ペーハー)で表されます。このpHが8を超えるとアルカリ性、7未満ですと酸性といいます。

大気中に窒素酸化物や硫黄酸化物が大量にあるため、雨が酸性化します。窒素酸化物は私たちが使用する自動車の排気ガスに含まれているものです。また、硫黄酸化物とは、石炭や石油を燃焼させることにより発生するもので、おもに工場などの産業施設から排出されています。

窒素酸化物も硫黄酸化物も、大気中の水蒸気と反応すると酸性の性質となります。従って、まず、雲を酸性化して、その雲が降らせる雨を酸性化します。

環境汚染についての意識が低かった、かつてのアメリカやヨーロッパで、酸性雨による大きな被害が発生しました。

アメリカやヨーロッパでは、酸性雨が湖に流れ込み魚が死滅してしまうようなことも発生しました。

pH3という酸性雨が日本でも降った記録があります。日光や丹沢などの山地の南側斜面の森が、広範囲で枯れたことがあります。

これらの国々では、このような体験と通じて、酸性雨の原因となる窒素酸化物と硫黄酸化物を減らす努力が実を結びつつあります。

しかし、経済が急成長中の中国やインドなどの地域では、酸性雨の被害が発生しており、今後ますますその影響が拡大していくのではないかと心配されています。