雷は積乱雲の中で氷晶どうしがぶつかって発生した静電気です

スポンサーリンク

雲のいろいろ

積乱雲の下では、雷が発生し、落雷することもあります。

雷の電圧は、およそ一億ボルトはあります。

100Vで感電すれば、指や腕が焼けるように痛むことがあり、へたをすれば死に至ります。

それが1億ボルトなのですから、想像を絶します。

積乱雲の内部で、比較的大きな氷晶(ひょうしょう)が落下し、上昇気流にのった小さめの氷晶がぶつかりあうことで、静電気が発生します。

そのエネルギーがたまって、地表面との間で、放電する現象が雷です。

氷晶(ひょうしょう):大気中の水蒸気がセ氏零度以下に冷却されたときに生じる微細な氷の結晶。

雷は強い上昇気流が原因

雷は上昇気流によってできる、積乱雲の中で発生します。

急速に発達している積乱雲の内部では、乱気流が発生しています。

その力が、いろいろな大きさや、温度の異なる氷の粒子がぶつかりあって帯電します。

続いてプラスに帯電していた小さな粒子が、積乱雲の上の方に、また、マイナス帯電した大きな粒子が、下の方に集まってきます。

すると、地表面が誘電作用によって、プラスに帯電します。

その蓄積された電気エネルギーが、地表と積乱雲の間に、放出される現象が落雷です。

雷が発生すると、一億ボルトの電圧といった、とてつもないエネルギーと、激しい雨を伴うことが多いです。

雷は、原因となる上昇気流のでき方によって、四つの種類があります。

熱雷

強い日射によって暖められた、地表付近の空気が、上昇気流となって、発生するのが熱雷です。

風が弱く、蒸し暑い日に発生しやすく、山岳部では、地形の影響により、部分的に強い上昇気流ができやすいため、平野部より発生する確率は高いです。

また、上空に寒気があり、大気の状態が不安定になっていると、発生しやすくなります。

界雷(前線雷)

界雷は、寒冷前線の近くで発生することから、前線雷とも呼ばれます。

寒気が暖気を押し上げて、上昇気流を起こすために発生する雷です。

寒気と暖気の温度差が大きいほど、強い雷が発生します。

不安定雷(転倒雷)

不安定雷は、上空に入ってきた寒気が、下層になる暖気と入れ替わろうとするために、上昇気流が発生しておこる雷です。

寒気が通り過ぎるまで、三日ほどかかり、その間は、雷が発生しやすいため、俗に雷三日ともいわれます。

渦雷

渦雷は、発達した低気圧や台風による、上昇気流で発生する雷です。

低気圧雷とも呼ばれます。

雷が発生したら、早めの適切な避難が大切

雷による被害を防ぐには、早めの避難がなによりも大切です。

雷雲が発生しそうであれば、素早く、建物や自動車の中に避難しましょう。

やむをえず、野外で避難するときは、くぼんだ場所に、できるだけ姿勢を低くしておくのが鉄則です。

高さ四メートル以上の樹木の幹から、二メートル以上離れた場所や、送電線の下は比較的安全とされています。