天候と季節の変化 – 菜の花がさくころに現れる春の長雨

スポンサーリンク

春の長雨 – 菜種梅雨(なたねづゆ)のころ

気温が少々上昇し、過ごしやすくなる3月下旬から4月上旬あたりに、まるで梅雨のように、一時的に、雨や曇天が続く時期があります。

ちょうど、菜の花が咲く頃ですので、菜種梅雨と呼ばれることが多いですが、単に、春の長雨といわれることもあります。

梅雨が春から夏にかけて、長期にわたり、雨を降らせるのに対し、菜種梅雨は、冬から春に移行する際、比較的、小規模に短期間に現れます。

菜種梅雨の原因は、主として、北高型(ほっこうがた)の気圧配置です。

北高型(ほっこうがた) - 移動性高気圧の中心が北にかたよっている気圧配置。春秋に現れることが多い。おもに東日本について用いられ,高気圧の中心は日本海中部以北や北日本にある。このため関東の南海上は気圧の谷となり,場合によっては低気圧や前線となり,関東では曇りや雨となることが多い。(※コトバンクより引用)

冬の期間は、勢力の強かった大陸の高気圧が弱まり、北日本に偏って張り出す高気圧になると、日本列島の近くで、南の暖かい空気との間で、前線が生じやすく、こうしてできた停滞前線が、雨や曇天をもたらします。

ただ、菜種梅雨は、春から夏にかけての梅雨のように、毎年必ず現れるものではなく、年によって、ほとんど確認できないこともあります。

菜種梅雨は、寒さが緩んで、農耕が始まった時期に、春の到来を告げる、象徴的な花のひとつである、菜種の花を濡らす雨ということで、特別な名称がついていますが、実際には、冬から春へと、季節が移り変わる際の、周期的な天候の一つです。

本州南岸に前線が停滞し、関東より西に、小規模な梅雨のような雨をもたらすと共に、寒の戻りもやってきます。

寒の戻りは、早春寒波の別名があるように、気温が上昇に向かう、この時期に訪れる、一時的な寒さです。

その原因としては、オホーツク海気団の、冷たい風の吹き込み、移動性高気圧におおわれたことによる、夜間の放射冷却、大陸からの寒波などがあげられ、統計的に多いのが、4月6日と4月23日ころです。

ようやく春めいてきた暖かさに、文字通り水を差すような菜種梅雨ですが、それは同時に、本格的な春が近づいてきたあかしでもあります。

菜種梅雨によって、土の中に蓄えられた水分は、春に草木が生長する際には、欠かせない、大切な役割を放たしているのです。

寒の戻りを伴う菜種梅雨は、人間にとっては、季節の逆行と感じますが、草木にとっては恵みの雨なのです。