天候と季節の変化 – 梅雨には陽性と陰性があり梅雨入りから梅雨明けまで4期ある

スポンサーリンク

梅雨の頃は

梅雨の時期は、毎日毎日、雨や曇天が続くことが多いですね。

一口に梅雨といっても、年によって、雨の降り方が違ったり、同年でも、梅雨の前半と後半では、タイプが変わったりすることがあります。

また、梅雨の期間は、ずっと同じ天候が続くわけではなく、雨の降り方など、少しずつ、パターンが変化していくのが常です。

梅雨は、大きく分けると、陰性と陽性があります。

陰性タイプは、気温が低めで、弱い雨が降り続いたり、重く垂れ込めた、曇り空が連続するなど、陰鬱な梅雨のイメージどおりの天候です。

北日本や東日本の梅雨は、このタイプで、西日本などでは、梅雨の初期は、陰性タイプであることが多いです。

これに対して、陽性タイプは、気温が高く、梅雨時期としては、よい天気が多いのが特徴です。

しかし、雨が降るときは、激しく、大雨になることが少なくありません。

西日本では、このタイプの梅雨が多く、北日本や東日本でも、梅雨の末期には、このタイプになりやすいです。

なお、陰性タイプの梅雨で、オホーツク海高気圧の勢力が強いときには、冷たく湿った空気が、東北や関東地方に吹き付け、農作物に冷害をもたらすこともあります。

梅雨は、梅雨入りから、梅雨明けまでを、4期に分けることができます。

梅雨の第1期

5月中旬から、下旬までの半月間。

この時期は、南西諸島付近に、梅雨前線が現れ、沖縄地方が梅雨入りします。

梅雨の第2期

6月上旬から、中旬まで。

梅雨前線が北上します。

西日本から東日本までの、広い地域が梅雨入りし、本格的な梅雨の時期にはいりますが、第2期の終わりから、第3期の間には、一時的には、晴天が続く、梅雨の中休みがあります。

梅雨の第3期

6月下旬から、7月上旬。

第3期は、梅雨前線が本州に居座り、梅雨が本格化します。

集中豪雨が起きやすい時期です。

梅雨の第4期

7月中旬から、下旬まで。

太平洋高気圧の勢力が強くなり、気温が上昇します。

梅雨前線が北上して、西日本から、順次、梅雨明けしていきます。