天候と季節の変化 – 太平洋高気圧の勢力次第で猛暑にも冷夏にもなります

スポンサーリンク

冷夏と猛暑

夏は、植物の育成を左右する季節です。

夏が夏らしい気候にならないと、順調に作物が育たず、収穫にも大きな影響がでます。

水不足や凶作をもたらす冷夏や猛暑は、太平洋高気圧とオホーツク海高気圧の、微妙なバランスの崩れで、引き起こされます。

冷夏には、日本の各地で、気温が上がらない全国低温型と、北日本で低温、東および南日本で暑くなる、北冷西暑型の2つのタイプがあります。

全国低温型は、前線が、日本の南岸沿いに停滞し、北から冷たい空気が流れ込むために、広い地域で、寒冷な状態になります。

北冷西暑型は、前線が東北地方に停滞したり、低気圧が通過するため、北日本で、梅雨が明けなくなったりする反面、東や南日本では暑くなります。

冷夏の原因としましては、偏西風(南北両半球の中緯度地帯の上空を帯状に取り巻き、一年じゅう西から東に吹いている風)の流れを妨げるような位置に、長期にわたって居座る、ブロッキング高気圧、南米ペルー沖の海水温が高くなり、太平洋上の、高気圧の勢力圏が変わってしまう、エルニーニョ現象、シベリアの積雪が、例年以上に多いことのほか、火山の大規模噴火による、大気中の微粒子の増加などが指摘されていますが、これらの要因が重なって作用することもあります。

猛暑は、太平洋高気圧の勢力が強く、いわゆる鯨の尾型の気圧配置に加え、チベットからの高層の高気圧が、日本上空にまで、張り出して起こります。

鯨の尾型 - 朝鮮半島付近にしばしば別の小高気圧がみられ,日本付近を覆う等圧線の形がクジラの姿に似て,朝鮮半島付近があたかもクジラの尾にあたるところから〈鯨の尾型〉の天気図と呼ぶこともある。(※コトバンクより引用)

近年は、全国的に気温が高く、各地で真夏日や熱帯夜が続きます。

このような猛暑は、二酸化炭素等の排出に伴う、地球の温暖化を初めとする、人間の経済活動に起因する要素も、その原因のひとつになっている可能性があります。